NEW

JRA三浦皇成にチャンス到来!「ロードで未勝利」脱却を図るお手馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA三浦皇成にチャンス到来!「ロードで未勝利」脱却を図るお手馬の画像1※画像:ロードクエスト 『競馬つらつら』

 今週末に中山競馬場で開催される京成杯オータムハンデ(G3)。この秋に行われるマイル重賞戦線へはずみをつけるべく、今年も伝統あるハンデ重賞に有力な馬たちが集まった。そのレースに一昨年前の覇者・ロードクエスト(牡5歳、美浦・小島茂之厩舎)が、三浦皇成騎手を背に出走する。

2016年のNHKマイルC(G1)でメジャーエンブレムに次ぐ2着に入線し、その年の秋には古馬を相手取って京成杯AHを勝利したロードクエスト。ここからさらなる飛躍が期待されていたものの、その後成績は低迷し、さらに故障も発生。大きく期待を裏切る結果しか残せていなかった。

だが今年に入ってからスプリント戦に参入すると、初戦のカーバンクルS(OP)で3着と約1年半ぶりに馬券圏内に入る好走を見せる。スプリント重賞では振るわなかったものの、徐々に距離を伸ばしはじめ、1ハロン伸びたパラダイスS(OP)では2着、前走のマイル戦である関屋記念(G3)では、最後の直線で不利を受けたものの5着と、かつてを彷彿とさせる走りを見せ始めている。

「スプリントの早い流れを経験したことが糧になっており、後ろから一辺倒だけではなく前に出ることを覚えつつあるようです。戦略に幅が出てきましたね。

1週前追い切りでは美浦Wコースで3頭と併せ馬。ここでも先行してラスト1F12秒7をマークしています。管理する小島調教師は調教前にプールに入れるなどして固くなりやすい体質に十分注意を払い、好調をキープさせていたようです。2年前に勝利したこの京成杯AHで好走して秋のマイル戦線に臨みたいところでしょう。一撃も期待できそうです」(競馬記者)

期待の素質馬と呼ばれたのも今は昔。すでにベテランの域に差し掛かっているロードクエストだが、引退後のキャリアも考えるならば、この辺りでもう一花咲かせたいのは当然だろう。

JRA三浦皇成にチャンス到来!「ロードで未勝利」脱却を図るお手馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!