NEW

武豊×金子真人HD!マカヒキ初コンビ「ディープインパクト伝説」再び?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊×金子真人HD!マカヒキ初コンビ「ディープインパクト伝説」再び?の画像1

 札幌記念(G2)で2着に敗れたマカヒキ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)。だが、勝馬とはタイム差ナシのハナ差決着。約2年ぶりの勝利とはならなかったものの、その走りは多くの人々に復活を予見させるものだった。

 マカヒキは秋の重賞戦線を戦っていくことになるが、その鞍上を武豊騎手が務めることになると「スポーツ報知」が伝えた。この新タッグが向かうのは10月28日の天皇賞・秋(G1)になる予定だという。

「札幌記念でマカヒキの鞍上を務めたC.ルメール騎手はレース後に『さすがマカヒキという走りでした』と復活をほのめかせていました。9カ月ぶりでさらに渋った馬場でのレースだったことを考えれば、2着という結果は上々でしょう。

 ルメール騎手を鞍上に繋ぎ止めることは叶いませんでしたが、武豊騎手も今年は好調です。さらに天皇賞・秋はこれまで6度も制している得意の舞台。今年はまだG1制覇はありませんが、ここは期待できるのでは?」(競馬記者)

 マカヒキのオーナーは金子真人氏。金子氏は武豊騎手が主戦を務めG1・7勝をあげたディープインパクトらも所有することで知られている。

「武豊騎手は、ここ最近は大舞台で金子氏所有の馬とは縁がなく、芝のG1は08年の秋華賞でユキチャン(17着)に騎乗したのが最後でした。マカヒキで天皇賞・秋に出走することになれば、約10年ぶりのことになります。久しぶりに大舞台で金子オーナーの勝負服を着た武豊騎手の姿を見ることができそうですね」(競馬記者)

 マカヒキ×武豊騎手。このコンビは大舞台でどんな走りを見せてくれるのだろうか?

武豊×金子真人HD!マカヒキ初コンビ「ディープインパクト伝説」再び?の画像2

武豊×金子真人HD!マカヒキ初コンビ「ディープインパクト伝説」再び?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!