NEW

JRA「サマーマイル王筆頭」ロジクライが京成杯出走!秋のマイルG1に向け弾みつける?

【この記事のキーワード】

, ,


 ロジクライは、2013年生まれのノーザンファームの生産馬で、2013年のセレクトセールで久米田正明氏が4,095万円で落札した。オーナーの久米田正明氏は「ロジ」冠名でもお馴染みで、少頭数の所有ながらも、馬主を始めた最初の馬が2009年の日本ダービーを勝ったロジユニヴァースでダービーオーナーとなった人物だ。

 ロジクライの母ドリームモーメントは中央で3戦して未勝利。産駒は5頭いるが、活躍しているのは同馬のみであり、「競走馬は走らせてみなければ分からない」を痛感させられる一頭だ。

 前走の中京記念は、鞍上の浜中俊騎手が勝ちパターンの競馬で直線まで持ち込んだが、最後はG1でも非凡な末脚を見せていたグレーターロンドンに屈した形であった。

 今回の京成杯オータムハンデは開催週の高速馬場であろう中山競馬場。9月5日の栗東坂路調教では、不良馬場にもかかわらず、持ったままで「51.1-37.5-25.0-12.7」と余力たっぷり。持ち前の先行力を武器に勝てる公算大とみる。ここを勝って、マイルCSに臨みたいところだ。

JRA「サマーマイル王筆頭」ロジクライが京成杯出走!秋のマイルG1に向け弾みつける?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!