NEW

高校野球U18日本台湾に完敗「無能監督」の声......大人が潰した日本代表が「国際大会いらない」象徴に?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校野球U18日本台湾に完敗「無能監督」の声......大人が潰した日本代表が「国際大会いらない」象徴に?の画像1

 宮崎市内で行われている野球「第12回 BFA U18アジア選手権」は7日、大会4日目を迎え、決勝進出をかけたスーパーラウンド。日本は台湾と対戦し1-3で完敗した。

 先発柿木(大阪桐蔭)での2回、台湾打者が放った痛烈ゴロを遊撃の小園海斗(報徳学園)がエラー。この大会小園は精彩を欠いた。その後も野尻(木更津総合)がファウルフライを落球、直後にタイムリーを浴びて先制を許す。

 その後日本は4回、中川(大阪桐蔭)の犠牲フライで同点に追いつくも、4回からは吉田投手(金足農業)が登板するも、台湾の勝負強いバッティングとセーフティバントなど小技も使われ1-3に。その後は台湾先発を打ち崩せず、そのままゲームセット。史上初の連覇はならなかった。

 木製バットであることや甲子園の疲れなど選手たちの状態はMAXではなかったのかもしれない。しかし、先日の韓国、そして台湾と連続で完敗した事実はどうしても見逃せないだろう。

「選手たちの状態云々以上に『監督』の采配や選択が本当に疑問でしたね。報徳学園前監督の永田裕治氏だったのですが、左の中距離バッターばかりが集められたチームである点はそれ以前の問題として、台湾戦でまずまずだった柿木を4回に替え、それが韓国戦で95球を投げた吉田という点は大いに謎。

高校野球U18日本台湾に完敗「無能監督」の声......大人が潰した日本代表が「国際大会いらない」象徴に?のページです。GJは、スポーツ、台湾日本高校野球の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!