NEW

【セントライト記念(G2)展望】「無敗の怪物」レイエンダVSエポカドーロを5馬身ちぎったギベオン!秋G1を見据えた大器が激突!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【セントライト記念(G2)展望】「無敗の怪物」レイエンダVSエポカドーロを5馬身ちぎったギベオン!秋G1を見据えた大器が激突!の画像1

 17日には中山競馬場で菊花賞(G1)トライアルのセントライト記念(G2)が開催される。昨年は上がり馬のミッキスワローが、皐月賞馬アルアインを下す衝撃的な結果となったが、今年も秋の飛躍を期待できる好素材が揃った印象。菊花賞本番に向けて見逃せないレースになりそうだ。

 中心は昨年のダービー馬レイデオロの全弟で、現在デビュー3連勝中と底知れぬスケールを感じさせるレイエンダ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

 昨夏の新馬戦を勝利した際は、主戦のルメール騎手から「兄以上。来年に大きな仕事ができる」と絶賛された逸材。しかし、骨折により春のクラシックを棒に振ってしまった。復帰後、条件戦をまったく危なげのない走りで連勝。今回が満を持しての重賞初挑戦となる。

 前走後はノーザンファーム天栄に放牧に出され、8月下旬に帰厩。

 1週前追い切りとなった5日には、美浦のウッドコースで併せ馬を行い併入している。藤沢厩舎らしく終始楽な手応えで時計は目立ったものではないが、師は「夏に1回使っているから、調整は楽だよね。ここまで予定通り」と順調さを強調。今回が重賞初挑戦となるが「前走は条件戦とはいえ、いい内容の競馬だったから」と、無敗の4連勝へ期待を隠していない。

 実績組からはNHKマイル(G1)の2着馬ギベオン(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)が筆頭候補か。

 ここまで4戦2勝2着2回と連対率100%を誇るギベオン。それも敗れた相手が毎日杯(G3)のブラストワンピース、NHKマイルCでのケイアイノーテックとくれば、この馬が世代トップクラスのポテンシャルを秘めていることは間違いないだろう。

【セントライト記念(G2)展望】「無敗の怪物」レイエンダVSエポカドーロを5馬身ちぎったギベオン!秋G1を見据えた大器が激突!のページです。GJは、競馬、コズミックフォースセントライト記念レイエンダの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!