NEW

JRA新馬ガルヴィハーラ「5馬身差」驚異の強さ! ゴールドアリュール産駒最後の大物誕生か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA新馬ガルヴィハーラ「5馬身差」驚異の強さ! ゴールドアリュール産駒最後の大物誕生かの画像1

 9月に入っても30度を超える真夏日の中、中山競馬場ダート1,800m新馬戦でゴールドアリュール産駒のガルヴィハーラ(2歳牡 美浦・萩原清厩舎)が驚異のデビュー戦を飾った。

 ガルヴィハーラはC.ルメールの騎乗も相まって単勝1.5倍という断然の1番人気に支持された。ガルヴィハーラはふわっとスタートを決めると、馬なりのまま後方4番手でレースを進める。レースはブラックアルテミスとヨンクの2頭が引っ張り、ジーナアイリスが3番手で追走する展開となった。ガルヴィハーラは1コーナー、2コーナーと徐々に前段へ進出し、3番手のポジションにつけた。鞍上のC.ルメールが4コーナー手前から気合を入れると粘る先行勢をあっという間に捉え、直線ではエンジンがかかると並ぶ間も無く置き去りにし、終わってみれば後続を5馬身突き放しての圧勝。手綱の気合いだけでムチは一発も入っていないのだから、相当な能力の持ち主なのは間違いない。

 レース後、鞍上のC.ルメールは「スタート後は捌きの硬さが目立ちましたが、徐々にスピードが上がってからはいいリズムで走れました」と同馬の能力を分かってか、勝って当たり前という風のあっさりしたコメントだった。

 また、同馬を管理する萩原清調教師は「レース序盤は走りが安定しませんでしたが、終盤にかけては上手く流れに乗ることができ直線では余裕を持って先頭でゴールしてくれました。今日の勝利で今後が楽しみになりましたが、脚捌きの硬さは常に注意が必要ですから、あくまでも馬の状態を見ながら次を考えていきたいと思います」と勝って兜の緒を締めよと言わんばかりの慎重な姿勢。芝中心で組まれているJRAの2歳〜3歳のダート戦体系では出走するレースも限られており、地方交流も含め検討していくことだろう。今後の動向に注視したい。

JRA新馬ガルヴィハーラ「5馬身差」驚異の強さ! ゴールドアリュール産駒最後の大物誕生かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!