NEW

JRA福永祐一にデムーロ激怒? 「新聞載せないで」失言を生んだ「セントウルSガチ逃げ」

【この記事のキーワード】,
JRA福永祐一にデムーロ激怒? 「新聞載せないで」失言を生んだ「セントウルSガチ逃げ」の画像1

 今年のサマージョッキーズシリーズは、サングレーザーで札幌記念(G2)を制するなど活躍した福永祐一騎手が、シリーズ通算25ポイントを挙げてチャンピオンに輝いた。

 福永騎手はポイント的にはM.デムーロ騎手についで2番手。だが、デムーロ騎手は対象重賞で勝利をあげていないため”権利なし”となり、福永騎手が繰り上がりで優勝している。

 7年ぶりに栄冠に輝いた福永騎手だが、その表彰式の壇上で”失言”があったと話題になっている。

 表彰式に登場した福永騎手は、最終結果がわからなかったため、そのまま帰ろうとしていたところ呼び止められたと話した。そして『ラブカンプーにプレッシャーを与えといてよかったです』と笑いながら一言。さらに続けて『今の載せんといてください。新聞には』と正式なコメントではなく、あくまでもジョークであることを強調している。

「この『ラブカンプーにプレッシャーを~』の一言がネット上で批判の対象となっていますね。急に呼び出されたこともあり、コメントなども考えていなかったんでしょう。とっさに飛び出した福永騎手流のジョークなのだと思いますが、少々毒が強すぎました。載せないでとお願いしたのは、文字にすると冗談が冗談として伝わらないことも多いからでしょうね」(記者)

 そのラブカンプーに福永騎手が”プレッシャーを与えた”レースというのが、ネロに騎乗して6着に終わった産経賞セントウルステークス(G2)だ。重馬場の中で行われた1戦は、最後の直線で鋭く抜け出した川田将雅騎手が騎乗するファインニードルが勝利。1番人気に見事応え、サマースプリントシリーズ逆転Vも期待されたラブカンプーと、勝利すればサマージョッキーズシリーズ優勝の権利を獲得できたデムーロ騎手のタッグは2着に終わっていた。

JRA福永祐一にデムーロ激怒? 「新聞載せないで」失言を生んだ「セントウルSガチ逃げ」のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか