NEW

JRA「ドタバタ馬」ケイティクレバー飛躍の時?相棒小林徹弥とセントライト記念で飛躍?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「ドタバタ馬」ケイティクレバー飛躍の時?相棒小林徹弥とセントライト記念で飛躍?の画像1

 中山競馬場で17日に開催されるセントライト記念(G2)に不遇の素質馬・ケイティクレバー(栗東・杉山晴紀厩舎)が出走を予定している。

 昨年、目野哲也厩舎からデビューしたケイティクレバー。初戦から小林徹弥騎手とタッグを組み、逃げて京都2歳S(G3)3着、年明けの若駒Sを優勝、すみれSは2着と優秀な成績を残して、クラシックへ向かった。

 だが、クラシック初戦の皐月賞を前にして乗り替わりが発覚。その後、元JRA騎手の藤田伸二氏がTwitterで「前走(すみれS2着)直後『これで騎手変えれる!』と半人前な調教師は呟いたらしい」とこの乗り替わりには管理していた目野調教師の引退のため、安田翔伍厩舎への転厩したことが影響していると暴露して話題となった。

「小林騎手もその素質に惚れ込んでおり、調教にもずっと騎乗するなど二人三脚でレースに臨んでいました。それに近年、低迷している小林騎手にとってケイティクレバーは、久しぶりに回ってきた素質馬でしたからね。大切に乗っていただけに、この乗り替わりはさぞ無念だったと思います。

 結局ケイティクレバーは浜中俊騎手を背に皐月賞(G1)に向かうも11着と惨敗。続く京都新聞杯(G2)では四位洋文騎手が騎乗するも9着。そして日本ダービー(G1)には登録するも無念の除外と散々な結果で春を終えました。

 その後、どういうやり取りがあったのかは不明ですが、ケイティクレバーは再度転厩。安田翔厩舎から、ケイティブレイブらも管理している杉山厩舎に移っています」(競馬誌ライター)

JRA「ドタバタ馬」ケイティクレバー飛躍の時?相棒小林徹弥とセントライト記念で飛躍?のページです。GJは、競馬、ケイティクレバーセントライト記念小林徹弥の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!