NEW

JRA1億円馬ギベオンがセントライト記念(G2)で激走の予感……良血馬がここでさらに活躍?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA1億円馬ギベオンがセントライト記念(G2)で激走の予感......良血馬がここでさらに活躍?の画像1※ギベオン/『競馬つらつら』より

 今週末は15日,16日,17日と連続三日間開催が行われる中央競馬。9/17(月)の中山競馬場で行われる伝統の菊花賞トライアル、セントライト記念(G2)。同レースの3着までには、牡馬クラシック最後の1冠である菊花賞(G1)への優先出走権が与えられる。

 そのセントライト記念にNHKマイルC(G1)2着のギベオン(3歳 栗東・藤原英昭厩舎)が出走する。ギベオンはここまで4戦して連対率100%。春の毎日杯(G3)では先日の新潟記念で圧勝し「菊花賞馬の最右翼」と目されているブラストワンピースの2着に健闘している。

 ギベオンは2015年2月20日生まれの社台ファーム生産馬で、後に一口馬主クラブの社台サラブレッドクラブにおいて、1億円という超高額で募集された一頭。

 同馬の父はディープインパクト。母コンテスティッドは米国産馬で 、ダート1マイル(1,600m)のエイコーンステークス、ダート7ハロン(1,400m)のテストSとG1レース2勝を含む7戦5勝と活躍した馬。

 もはや走る馬の定跡ともいえる「米国ダート血統の母」×「ディープインパクト」という配合であり、ギベオンはその母の2番子。2014年のセレクトセールで1億1千万円で里見氏が落札した全兄サトノルーラー、2017年には全弟の当歳馬が同じく里見氏に2億円で落札されている。全兄サトノルーラーは今年の5月に500万下レースでやっと2勝目をあげた程度で落札価格とは程遠い成績だが、全弟のギベオンはNHKマイルCで2着と価格に見合った期待値がある。

 NHKマイルCレース後、藤原英昭調教師は「レースでもしっかり走ってくれましたしレース後の状態をよく確認しておきます。今回は展開の綾でしょう。直線でフワフワしていたくらいですので距離はもっと延びても大丈夫そうですね」と日本ダービーを視野に入れていたが、NHKマイルCの激走の疲れから出走を断念した。その後、じっくりと休養を挟んだ後、セントライト記念を目指すこととなった。

JRA1億円馬ギベオンがセントライト記念(G2)で激走の予感……良血馬がここでさらに活躍?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!