NEW

JRA「最強馬決定戦」天皇賞・秋(G1)が超豪華メンバーと話題! 現役最強スワーヴリチャードVS3歳ダービー馬ワグネリアン激突か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「最強馬決定戦」天皇賞・秋(G1)が超豪華メンバーと話題! 現役最強スワーヴリチャードVS3歳ダービー馬ワグネリアン激突かの画像1

 近代競馬において、最も重要視されているのは「2000m」を勝てる能力ではないだろうか。実際に昨年G1昇格を果たした大阪杯、ホープフルSはいずれも2000m。次の最有力候補である札幌記念(G2)も同様だ。

 そして、日本競馬における2000mの権威的なレースが10月28日に開催される天皇賞・秋(G1)ではないだろうか。今年もその価値に違わぬ「超豪華メンバー」が集いそうだと、早くも熱心な競馬ファンの間で話題になり始めている。

 その筆頭格が、今年の大阪杯の覇者スワーヴリチャード(牡4歳、栗東。庄野靖志厩舎)だ。

 左回りでは、重賞3勝を含む6戦3勝2着2回3着1回のパーフェクトを誇る現役屈指のサウスポーといわれていたスワーヴリチャードだが、この春は課題の右回りの大阪杯でG1初制覇。名実ともに現役最強の座に躍り出た。そして迎える天皇賞・秋は得意の左回りに、G1勝ちのある2000m。現役屈指の強豪がそろったが「王者に死角なし」といったところか。

 そんな現役王者を負かせるとすれば、未対戦の「新勢力」に期待が懸かるのは当然。

 中でもダービー馬のワグネリアン(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)は、今後の競馬界を背負えるだけのスケールを感じさせる大器だ。

JRA「最強馬決定戦」天皇賞・秋(G1)が超豪華メンバーと話題! 現役最強スワーヴリチャードVS3歳ダービー馬ワグネリアン激突かの画像2

 この春は1番人気で迎えた皐月賞(G1)こそスムーズさを欠いて7着に敗れたが、続く日本ダービー(G1)で見事戴冠。金子真人オーナーに、前人未到のダービー4勝目をプレゼントした。最大のライバル・スワーヴリチャードは現役屈指のサウスポーだが、この馬も左回りはダービーを含む3戦全勝。先日の地震で他界した母ミスアンコールのためにも、この秋はさらなる飛躍が期待されている。

JRA「最強馬決定戦」天皇賞・秋(G1)が超豪華メンバーと話題! 現役最強スワーヴリチャードVS3歳ダービー馬ワグネリアン激突かのページです。GJは、競馬、スワーヴリチャードダノンプレミアムワグネリアン天皇賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!