NEW

【オールカマー(G2)展望】レイデオロ・アルアインなど「主役」が集結! 中長距離G1路線を占う激アツの一戦!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【オールカマー(G2)展望】レイデオロ・アルアインなど「主役」が集結! 中長距離G1路線を占う激アツの一戦!!の画像1

 23日(日)に中山で開催されるオールカマー(G2)から、古馬王道路線が開幕する。今年も実力馬が出走を表明しており、中長距離G1路線を占う上で重要なレースになりそうだ。

 その中心にいるのは、昨年の日本ダービー(G1)馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だろう。

 ダービー制覇後に臨んだ神戸新聞杯(G2)では、後の菊花賞馬キセキに2馬身差を付ける完勝。続くジャパンC(G1)で敗れはしたものの、キタサンブラックに先着する2着という結果は高く評価できる。

 今年の初戦となった京都記念(G2)は、主戦のC.ルメール騎手が騎乗停止となり乗り替わりで臨んだ本馬。圧倒的な1番人気に支持されるも、3着と期待を裏切る結果になってしまった。

 その後は海外初挑戦となるドバイシーマクラシック(G1)へ向かい、2番人気に推されるも無念の4着。不本意な形でレイデオロの春は終わってしまう。

 立て直しが期待される秋の初戦。気になるのは状態面だが、海外遠征の疲れはないようで軽快な動きを披露している。力を出せる状態と見ていいだろう。ステップレースとはなるが、本馬にとっては負けられない一戦。現役最強馬を狙うためにも好スタートを切りたいところだ。

 相手筆頭は、レイデオロと同世代の皐月賞馬アルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)だろう。

【オールカマー(G2)展望】レイデオロ・アルアインなど「主役」が集結! 中長距離G1路線を占う激アツの一戦!!の画像2

 皐月賞(G1)で9番人気の低評価を覆しクラシックの主役に躍り出たものの、続くダービーは5着止まり。秋のセントライト記念(G2)ではミッキースワローに完敗、続く菊花賞(G1)は不良馬場の影響もあって7着と惨敗してしまう。

 しかし、今年初戦となった京都記念(G2)ではレイデオロ、モズカッチャンらを抑えての2着と疑念を払拭する走りを見せつけた。続く大阪杯(G1)は惜しくも3着に敗れたが、立て直しに成功したという印象だ。

 中山コースは「1-1-0-0」と得意にしている舞台。久々を苦にするタイプでもなく、ココでの好走は十分に期待できる。皐月賞以来の勝利で一気に勢いをつけたいところ。

【オールカマー(G2)展望】レイデオロ・アルアインなど「主役」が集結! 中長距離G1路線を占う激アツの一戦!!のページです。GJは、競馬、JRAオールカマー(G2)レイデオロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!