NEW

JRAローズS(G3)は1頭軸3頭で……関係者「ゴリ押し」の4頭を大公開

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 秋華賞(G1)の前哨戦となるローズS(G2)が、16日に阪神競馬場で開催される。毎年、春のクラシックで好成績を残してきた馬と夏に結果を出した馬たちの熱いレースが繰り広げられる1戦だ。

 このレースを「現場の声を重視するブロディN」が挑戦。入手した有力「現場情報」から選んだ、究極の「4頭」で狙っていきたい。

JRAローズS(G3)は1頭軸3頭で......関係者「ゴリ押し」の4頭を大公開の画像1

 本命「◎」に選んだのは、出走のメンバーの中で一番実績を誇るサトノワルキューレ(栗東・中竹和也厩舎)だ。

 今年3月のゆきやなぎ賞で、後に日本ダービー(G1)4着入線を果たすエタリオウに競り勝つなど、頭角を現したサトノワルキューレ。続くフローラSでは、上がり最速33.4秒を記録する鬼脚を披露して一躍クラシック候補として名乗りを上げた。

 だが満を持して臨んだオークス(G1)では、3番人気に支持されたが、残り200mで限界を迎えてしまったのか追うことをやめて6着。多くの期待を裏切る結果に終わっている。

「春は残念な結果に終わりましたが、夏はたっぷりと休養したことで、つくべきところにいい筋肉がついてがっしりとした馬体になりました。

 適性距離からすると少し短いかもしれませんが、直線が長い阪神の外回りならそれほど気にならないでしょう。オークスでサトノワルキューレよりも先着した上位陣がいないので、関係者も『鬼の居ぬ間に勝ち星を挙げたい』と意気込んでいましたよ」(栗東担当記者)

 ローズSを勝利して本番の秋華賞への弾みをつけたいところだ。

JRAローズS(G3)は1頭軸3頭で……関係者「ゴリ押し」の4頭を大公開のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事