NEW

JRA四位洋文騎手に「引退」疑惑......2週連続「乗鞍なし」蛯名正義騎手と共に「調教師転身」の可能性も背景にエージェント制度の歪み?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA四位洋文騎手に「引退」疑惑......2週連続「乗鞍なし」蛯名正義騎手と共に「調教師転身」の可能性も背景にエージェント制度の歪み?の画像1
GJ公式インスタグラムはこちら

 今週の競馬は、敬老の日を利用した3日間開催。注目の秋競馬も2週目を迎え、各騎手の奮闘を期待したいところだが、その一方で気になる"噂"がネット上を中心に広まっている。

 どうやらベテランの四位洋文騎手に「引退疑惑」が出ているようだ。

 というのも四位騎手は先週から秋競馬が開幕したにもかかわらず、乗鞍が「0」。そして、今週は3日間開催だが、それでも乗鞍なし......。さらに先日6日には、大ベテランの蛯名正義騎手の「調教師試験受験」報道が競馬界を駆け巡ったばかり。そんな背景もあって、関西のベテラン騎手の去就が注目されている。

「四位騎手は今年46歳。先日調教師転身を表明した蛯名騎手や同期の武豊騎手からは3つ下という大ベテランです。年齢的には、いつ引退してもおかしくないと思います。

今年の調教師の一次試験が今月19日に迫っていますし、ネット上では『試験ために騎乗を制限しているのでは』という噂が広まっていますね。まだ具体的な話は何もありませんが、蛯名騎手も突然の告白でしたし、個人的なことなので......」(競馬記者)

 かつては武豊騎手に次ぐ関西No.2として活躍した四位騎手。武豊騎手とワン・ツーゴールした際は、堅い馬券の象徴として「シイタケ馬券」などといわれていた時期もあった。

 しかし、エージェント制度などを経て、じょじょに低迷。昨年も年間31勝に終わり、今年はまだ12勝でリーディング52位(14日現在)。10勝に終わったデビューイヤー以来の最低記録に終わる可能性もある状況だ。

JRA四位洋文騎手に「引退」疑惑......2週連続「乗鞍なし」蛯名正義騎手と共に「調教師転身」の可能性も背景にエージェント制度の歪み?のページです。GJは、競馬、スワーヴリチャード四位洋文引退蛯名正義の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!