NEW

ローズS(G2)大混戦を断つのは「関係者絶賛」良血馬? 押さえておきたいこの1頭

【この記事のキーワード】, ,
ローズS(G2)大混戦を断つのは「関係者絶賛」良血馬? 押さえておきたいこの1頭の画像1

 G1前哨戦が始まった秋競馬の目玉レースのひとつ、16日(日)に阪神11R芝1,800mで行われる、第36回秋華賞トライアル・ローズS(G2)。今年の同レースは春の実績馬たちの相次ぐ故障で群雄割拠の様子を呈している。その中でも地味で目立たないが是非注目して欲しいのが、センテリュオ(3歳牝 栗東・高野友和厩舎)だ。

 同馬の母アドマイヤキラメキは中央4勝で繁殖入りし、初年度産駒から3勝馬ラシンティランテを輩出。そして兄弟には4勝馬のネオスターダム、中央5勝・チャレンジC勝ち馬のトーセンスターダム、また母母からは現在種牡馬となっている京都新聞杯勝ち馬のトーセンホマレボシ、天皇賞(秋)勝ち馬のトーセンジョーダンがいる活躍牝系だ。その母から2015年4月8日に生まれた同馬はノーザンファームの生産馬で、後に一口馬主クラブのキャロットクラブで5,000万円で募集された。
 
 センテリュオは新馬戦勝ち後、500万下クラスを勝ち上がるのに3レースを要したが、叔父トーセンジョーダンの息の長い活躍を考えると、これから力をつけ良くなってくるタイプだろう。前走の500万下都井岬特別ではスタートこそ悪かったものの、先行勢が有利の中、直線だけで3F上がり34.5という切れ味を見せて差し切っているあたり、平坦コースの京都コースも合いそうだ。

 開業8年目の高野友和厩舎はノーザンファーム生産馬を多く預託されその中核を担う調教師で、毎年コンスタントに20勝以上を収める中堅どころ。過去には秋華賞、ジャパンC勝ち馬のショウナンパンドラや重賞勝ち馬のクルーガー、シャイニングレイ、ファンディーナを管理しているのも記憶にも新しいところ。今年は26勝、連対率2割5分、複勝率3割4分2厘と絶好調だ。

 センテリュオは春のG1トライアルにも出走を検討していたが、新馬戦に騎乗した福永騎手をもって「かなりのポテンシャルを秘めているものの本当に良くなるのはまだ先だろう」、2戦騎乗した川田騎手も「背中の感触などは本当に素晴らしい馬ですが、まだ体がしっかりしていないですし、成長すればどんどん良くなると思います」。未完成ではあるものの、隠れた逸材なのは間違いない。

ローズS(G2)大混戦を断つのは「関係者絶賛」良血馬? 押さえておきたいこの1頭のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?