NEW

【神戸新聞杯(G2)展望】日本ダービー馬ワグネリアンVS皐月賞馬エポカドーロ!! 数々の名馬が制覇した「王道トライアル」幕開け!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 23日には菊花賞トライアルの神戸新聞杯(G2)が阪神競馬場で開催される。

 ここ10年を振り返っても三冠馬オルフェーヴルを筆頭に、ゴールドシップやエピファネイア、サトノダイヤモンドといった馬たちが、このレースと本番の菊花賞(G1)の連勝を飾っている王道トライアルだ。

 一方で、昨年のレイデオロはこのレースを勝ちながらも菊花賞をパスしてジャパンC(G1)に挑戦。キタサンブラックら歴戦の古馬陣と堂々の勝負を演じた。

 そんな”レイデオロパターン”になりそうなのが、今年のダービー馬ワグネリアン(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 昨夏のデビュー戦から中京競馬場の記録となる上がり3ハロン32.6秒を叩き出し、大きな注目を集めたワグネリアンが、その期待に応えるように今年のダービー馬になった。主戦の福永祐一騎手にとっても悲願のダービー制覇だ。

 その後は、ノーザンファーム天栄で放牧。関西馬ながら栗東のしがらきではなく、関東の天栄を利用するのは珍しいケースだが、友道厩舎では定番となっているだけに心配はなさそう。

 注目の1週前追い切りは、栗東のCウッドで3頭併せ馬を敢行。6ハロン83.1秒、ラスト11.9秒で最先着を果たし、福永騎手も「動きはよかった。力強さが出てきて、いい方向に成長してくれている」と手応え。

 今後は流動的だが、天皇賞・秋(G1)に向かう公算が高まっている。また、本馬は先日の北海道地震で母ミスアンコールが他界したばかり。天国の母に勝利を届けられるか。

 そんなダービー馬に待ったを掛ける筆頭候補が、皐月賞馬のエポカドーロ(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

【神戸新聞杯(G2)展望】日本ダービー馬ワグネリアンVS皐月賞馬エポカドーロ!! 数々の名馬が制覇した「王道トライアル」幕開け!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!