NEW

武豊「夢の凱旋門賞ウィーク」霧散……クリンチャー&ジェニアル「連続最下位」に問われる”続戦”の意義

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「夢の凱旋門賞ウィーク」霧散......クリンチャー&ジェニアル「連続最下位」に問われる続戦の意義の画像1

 16日深夜、フランスのパリロンシャン競馬場で凱旋門賞(G1)の前哨戦となるフォワ賞(G2)が行われ、日本から武豊騎手とクリンチャー(牡4歳、栗東・宮本博厩舎)が参戦。最下位という残念な結果に終わった。

 かつてオルフェーヴルが連覇を果たすなど、日本馬にとっては本番の凱旋門賞に向けて、あくまで「通過点」というイメージが強いフォワ賞。実際に凱旋門賞で日本馬の最高着順である2着になった際は、いずれもフォワ賞で連対以上の成績を残している。

 しかし、今年のフォワ賞には昨年のブリーダーズCターフ(G1)の覇者タリスマニック、サンクルー大賞(G1)を含む3連勝中のヴァルトガイスト、昨年の凱旋門賞2着馬クロスオブスターズなど強敵が集結。6頭立てながら、G1未勝利のクリンチャーにとって厳しい戦いになると現地でも予想されていた。

 ただ、結果は日本の多くの競馬ファン、そして競馬関係者にとっても想像以上に残酷なものだった。

 道中、果敢にハナに立ちレースの主導権を握ったクリンチャーだったが、最後の直線ではほぼ何も抵抗できずに馬群に飲まれると、結局最下位でゴール……。

 鞍上の武豊騎手は「休み明けで、体もそんなに仕上がってなかったので仕方ない。元々使ってよくなる馬なんで次に期待したい」と前を向いたが、本番は今回以上のメンバーになることは必然。率直述べて、日本競馬の悲願となる凱旋門賞制覇は「限りなく厳しくなった」と述べる他ないだろう。

武豊「夢の凱旋門賞ウィーク」霧散……クリンチャー&ジェニアル「連続最下位」に問われる”続戦”の意義のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事