NEW

JRA福永祐一「出世レース」野路菊Sで連勝に導いた好素質カテドラル……落馬、頭蓋骨骨折の容態は?

【この記事のキーワード】, , ,
JRA福永祐一「出世レース」野路菊Sで連勝に導いた好素質カテドラル......落馬、頭蓋骨骨折の容態は?の画像1

 9月15日の阪神競馬場、芝1,800mで行われた2歳オープンクラスの野路菊Sは、6頭立てと欧州競馬のような寂しい出走頭数となった。昨年の同レースの勝ち馬からは今年のダービー馬ワグネリアンが誕生している。

 1番人気は8月の小倉新馬戦で8馬身差をつけ圧勝した金子真人オーナー所有のジャスタウェイ産駒ヴェロックス。2番人気は中京新馬戦を快勝したハーツクライ産駒のカテドラル、3番人気には札幌新馬戦を快勝したモンテアーサーが支持された。他3頭は小倉2歳S、新潟2歳Sに出走はしているものの勝ち負けというよりは5着までの賞金取りの可能性が色濃かった。同レースは実質、新馬勝ちした1〜3番人気である3頭勝負の様相を呈した。

勝利したのは2番人気のカテドラル(2歳牡 栗東・池添学厩舎)だった。

 レースは好スタートを切ったC.ルメール騎手のモンテアーサーが先頭を伺ったのだが、そこは若駒のレース。カテドラルは少頭数ということもあって前に馬がいなかったため折り合いを欠いてしまった。鞍上の福永騎手もしばし宥めようとしたが、臨機応変な対応で思い切ってそのままハナに立ち逃げるという戦法。4コーナーを回ったあたりで逃げる同馬を目標としていたかのように、浜中騎手のヴェロックスは外目から追撃を開始。が、直線に入っても脚色が鈍ることのなかったカテドラルはヴェロックスを1/2馬身退ける。完勝といっていい内容だった。

 同馬は2016年2月9日生まれのノーザンファーム生産馬で、後に一口馬主クラブのキャロットクラブで4,000万円で募集された1頭。母アビラは独国産馬で繁殖牝馬として輸入され、2頭目の産駒から中央7勝・G3エルムS勝ちの半兄ジェベルムーサを輩出してはいるものの、その後の産駒には目立った活躍馬はいなかった。その母の7番子がカテドラルである。父はハーツクライ。父の産駒は9年目を迎えるが、ウインバリアシオンに始まり、ジャスタウェイ、ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルト、シュヴァルグラン、フェイムゲーム、リスグラシュー、そしてスワーヴリチャードと毎年コンスタントに活躍馬やG1級の大物を輩出している大人気種牡馬だ。

JRA福永祐一「出世レース」野路菊Sで連勝に導いた好素質カテドラル……落馬、頭蓋骨骨折の容態は?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ