NEW

JRA戸崎圭太「エポカドーロ効果」で脱・引きこもり!?「今までとは違った感覚」リーディング絶望で「心境」に変化

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 実際に戸崎騎手は『競馬ラボ』で連載中の『週刊 戸崎圭太』を通じて「今年はエポカドーロと出会って、秋をこういう形で迎えるのも今までにはない形なのでワクワクしています」とコメント。

 先日もエポカドーロの調教に乗りに行った際「皐月賞を勝たせてもらったわけで、乗ったことのある馬でこうして秋、クラシックを迎えるのは初めてですからね。気分的には、今までとは違った感覚ですし、また新鮮な思いがあります。まだレースは先ですが、どんな戦いになるのか、戦いをしようか、今から楽しみですし、なんだか『相棒』じゃないですが、今まで味わったことのない気分です」と自分の心境の”変化”を素直に語っている。

「今年、重賞を5勝している戸崎騎手ですが、中山金杯(G3)のセダブリランテスは新潟記念(G3)で石川(裕紀人)騎手に乗り替わっていましたし、フェアリーS(G3)のプリモシーンも北村宏司騎手に乗り替わり。シンザン記念(G3)のアーモンドアイはルメール騎手で牝馬3冠に挑み、エプソムC(G3)のサトノアーサーもテン乗りでした。

春のマイル路線を戦ったアエロリットも先日、モレイラ騎手へのスイッチが発表されていましたし、例え重賞を勝っても2、3戦すれば乗り替わるのが、今までの戸崎騎手の特徴。しかし、エポカドーロだけは相当思い入れがあるようで、そう簡単には手放さないでしょうね」(同)

 これまでの戸崎騎手はリーディングに拘り、騎乗馬が充実する関東圏を優先する傾向があった。

 その成果もあって3年連続リーディングという快挙も成し遂げたが、その一方で一部のファンからは「引きこもり騎手」と揶揄され、関西のG1開催などで遠征するお手馬とのコンビ解消の原因の1つにもなっていた。

 しかし、今年はすでにルメール騎手と57勝差(18日現在)とリーディングは絶望的な状況。逆に述べれば、戸崎騎手が関東の騎乗に拘る理由も薄くなったといえる。そういった状況も、戸崎騎手の心境の変化を促したのかもしれない。

JRA戸崎圭太「エポカドーロ効果」で脱・引きこもり!?「今までとは違った感覚」リーディング絶望で「心境」に変化のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!