NEW

JRA「ダービー驚愕4着馬」エタリオウが2強を脅かす!? ステイゴールド「最後の大物」へ好走必至か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「ダービー驚愕4着馬」エタリオウが2強を脅かす!? ステイゴールド「最後の大物」へ好走必至かの画像1

 9月23日に開催される神戸新聞杯(G2)。秋の大一番である菊花賞(G1)のトライアルレースに、日本ダービーで4着と好走したエタリオウ(栗東・友道康夫厩舎)がM.デムーロ騎手と新タッグを結成して出走を予定している。

 エタリオウは青葉賞(G2)で2着に入線し、ダービーへ。ダービーではH.ボウマン騎手を背に後方待機して脚をためると、最後の直線で馬群をかき分けるかのように進出。上がり2位となる33.5秒の末脚で先頭集団に迫り、勝ち馬ワグネリアンとは0.2秒差、3着のコズミックフォースとはタイム差ナシのハナ差で4着。13番人気と下位人気ながら、ファンを驚かす走りを見せてくれた。

「あまり注目されていなかったエタリオウですが、前走で評価が一変。一躍、秋の主役候補として注目されています。秋はボウマン騎手を手配することはできませんでしたが、キタノコマンドールが故障したため、予定が空いたデムーロ騎手の確保に成功しました。

 デムーロ騎手は昨年、神戸新聞杯ではキセキに騎乗。2着に入線すると、勢いそのまま見事に菊花賞馬へと導いています。菊花賞を目指しているエタリオウ陣営にとっては、経験豊富なデムーロ騎手は心強い存在ですよ」(競馬誌ライター)

 夏場の休養でリフレッシュ。1週前追い切りは栗東・CWコースで僚馬ワグネリアンを含めての3頭併せ。エタリオウがダービー馬から2馬身先行する形で行われ、後ろから強めに追われて鋭く伸びてきたワグネリアンにエタリオウは首差で先着を許している。

JRA「ダービー驚愕4着馬」エタリオウが2強を脅かす!? ステイゴールド「最後の大物」へ好走必至かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!