NEW

JRA「好走の血」エアアンセムで一攫千金!? オールカマーは「無難に走れる」ベテランで勝負?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「好走の血」エアアンセムで一攫千金!? オールカマーは「無難に走れる」ベテランで勝負?の画像1

 9月23日、中山競馬場でオールカマー(G2、芝2200メートル)が開催される。函館記念(G3、芝2000メートル)で重賞を初制覇したエアアンセム(牡7歳、栗東・吉村圭司厩舎)が登録。エアアンセムがオールカマーでどんなレースができるのか、その可能性を探ってみる。

 これまで27戦使われて【5・4・5・13】という成績。勝率18.5%、連対率33.3%、複勝率51.8%はなかなか優秀だ。ほとんどのレースで先行し、着外に沈むことは少ない。ただし、2015年の6月に1000万下の京橋特別(芝2000メートル)を勝って以来、約2年半にわたって1600万下条件での好走が続いた。つまり、準オープンを長きにわたり勝ち切れなかった。

 今年の緒戦だった3月のスピカS(芝1800メートル)を勝って、ようやくオープン入り。すると、次走の都大路S(オープン、芝1800メートル)で昇級緒戦ながらいきなり2着。続いてのエプソムC(G3、1800メートル)は3歳時以来の重賞参戦だったが5着と健闘。そして、函館記念で勝利する。

 準オープンで長く足踏みしていた馬が、オープン入りするや3戦目で重賞制覇してしまったのだ。「7歳にして本格化」「遅咲きの素質開花」と形容してもいいだろう。函館記念のレースを振り返ってみる。

 カレンラストショーが逃げて、2~3番手がマイネルハニーとクラウンディバイダ。藤岡佑介騎手が騎乗するエアアンセムはその直後の4~5番手で内々を回る。1000メートル通過が1分0秒3と、函館競馬場としてはそこそこ流れた。3~4角で他馬の騎手の手が激しく動く中、藤岡騎手がエアアンセム軽く促して少し外に出すと、瞬時に反応して進出開始。直線半ばで先頭に立ち、サクラアンプルールの追撃を1/2馬身差しのいだ。

 藤岡騎手の手綱さばきも巧みだったが、エアアンセムの素早い反応も見事だった。エアアンセムの武器は素軽い先行力。それなりに流れるレースを先行して早めに抜け出したい。したがってペースがスローやハイになった結果、極端な瞬発力勝負になってしまうと脆さが出る。オールカマーでは藤岡佑介騎手はガンコに乗り、エアアンセムには田辺騎手が乗る予定。田辺騎手ならばエアアンセムの先行力を存分に引き出してくれるはず。

JRA「好走の血」エアアンセムで一攫千金!? オールカマーは「無難に走れる」ベテランで勝負?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話