NEW

神戸新聞杯(G2)蛯名正義騎手がベテランの力見せる? ゴーフォザサミット「藤沢タッグ」で戴冠狙う

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸新聞杯(G2)蛯名正義騎手がベテランの力見せる? ゴーフォザサミット「藤沢タッグ」で戴冠狙うの画像1

 先週末行われた菊花賞トライアル、セントライト記念では、4番人気の田辺裕信騎乗のジェネラーレウーノが、単勝1.9倍という圧倒的な1番人気のレイエンダを1・1/4馬身差をつけ、皐月賞3着馬の実力を見せつけた。

 さて今週末は西の菊花賞トライアル、神戸新聞杯(芝2,400m)が阪神競馬場で行われる。同レースは春の3歳牡馬の実績馬たちがぶつかる真の前哨戦。また時として上がり馬の台頭もあり、イコピコやビッグウィーク、トーホウジャッカルとサウンズオブアース、ミッキーロケットらが穴を開けているレースでもある。

 今年は同世代TOP2であるダービー馬ワグネリアンと皐月賞馬・ダービー2着のエポカドーロ、ダービー4着馬エタリオウ、ラジオNIKKEI賞勝ちの上がり馬メイショウテッコンと、フルゲートには満たなそうなもののかなりの好メンバーが出走しそうだ。

 そんな好メンバーの中、今回注目したいのは、今月初旬に9月19日に行われるJRA調教師免許試験の第1次試験を受験すると公表した蛯名正義騎手と、青葉賞勝ち馬のゴーフォザサミット(3歳牡 美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

 蛯名騎手は「今でも騎手として馬に乗ることは楽しいと思っています。ただ、元気でエネルギーがあるうちに受験しようと思いました。今春から準備を進め、ここまで本業と試験勉強を両立しながらやってきた。うわさ話でいろいろな方に伝わるのは自分にとって嫌だったのでこういう形をとらせてもらいました。引き続きジョッキーとして頑張っていきたいと思います」と語っている(デイリースポーツより)

 蛯名正義騎手といえば「追えるジョッキー」と定評があり、過去長きに渡り常にリーディングでも上位争いを演じていた人物。特に長距離戦でその腕前を発揮した騎手であり、日本馬で初めて凱旋門賞で2着したエルコンドルパサー 、菊花賞・有馬記念・天皇賞(春)を制したマンハッタンカフェや天皇賞(春)を2連覇したフェノーメノなど数々の名馬を載冠に導いた。

神戸新聞杯(G2)蛯名正義騎手がベテランの力見せる? ゴーフォザサミット「藤沢タッグ」で戴冠狙うのページです。GJは、競馬、ゴーフォザサミット神戸新聞杯蛯名正義の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!