NEW

JRAオールカマー(G2)「大本命」レイデオロは「終わった」のか? 「1年勝利なし」よりも気になる悪癖

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAオールカマー(G2)「大本命」レイデオロは「終わった」のか? 「1年勝利なし」よりも気になる悪癖の画像1

 これ以上、連敗を重ねるわけにはいかない。昨年のダービー馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が「復権」を懸け、23日に中山競馬場で行われるオールカマー(G2)で秋の始動戦を迎える。

 昨年、主戦のC.ルメール騎手と藤沢和雄調教師に初の日本ダービー(G1)をプレゼントした本馬。秋の始動戦・神戸新聞杯(G2)で、後の菊花賞馬キセキを寄せ付けずに圧勝。続くジャパンC(G1)では勝ったシュヴァルグランには及ばなかったものの、王者キタサンブラックに先着を果たすなど、誰もが「次代の競馬界を担う存在」として期待していた。

 しかし、今年初戦の京都記念(G2)で、単勝1.6倍という圧倒的な人気を集めながらも3着。日本のエースとして期待されたドバイシーマクラシック(G1)でも4着と、まさかの連敗......気が付けば昨年の神戸新聞杯以来、ちょうど1年も勝利から遠ざかっており「ピークが過ぎた」という疑惑さえ上がり始めている。

 確かに過去のダービー馬を振り返ると、将来を嘱望されながらも3歳で終わってしまう馬も意外と多い傾向にあるが......このキングカメハメハ産駒もまた"燃え尽き症候群"のままターフを去ることになるのだろうか。

「昨秋の神戸新聞杯とジャパンCの走りのインパクトが強烈で、この春は物足りない結果が続きましたが『1年勝っていない』とはいえ、たった3連敗ですから。それも国内では馬券圏内を確保していますし、そう悲観的になる必要もないと思いますね。ジャパンCの走りはもちろん、京都記念やドバイだって内容のある走りだったのではないでしょうか(競馬ライター)

JRAオールカマー(G2)「大本命」レイデオロは「終わった」のか? 「1年勝利なし」よりも気になる悪癖のページです。GJは、競馬、JRAオールカマーレイデオロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!