NEW

JRAも大迷惑?岩手競馬「禁止薬物2頭発覚」で開催中止の衝撃

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAも大迷惑?岩手競馬「禁止薬物2頭発覚」で開催中止の衝撃の画像1

 岩手競馬が20日、9月22日に予定されていた開催を「取止め」にすることを発表した。

 理由は、今年7月29日、そして9月10日に水沢競馬場の厩舎に所属するスターズレディ号(牝5)とウバトーバン号(牝4)とそれぞれが禁止薬物「ボルデノン」の陽性反応が出たためとのこと。

岩手競馬は公式サイトで「当組合のみならず日本の競馬全体の信用失墜につながりかねない極めて重大な事案であると認識するとともに、このことにより、全国のファンの皆様並びに競馬関係者の皆様に対し多大な御迷惑をおかけしましたことについて、心より深くお詫び申し上げます。」と謝罪。

また、「このため、当組合では実効性のある再発防止策を講ずるとともに、競馬の公正を確保するため、9月23日以降の出走予定馬全頭に係る禁止薬物(ボルデノン)の事前検査を、(公財)競走馬理化学研究所に依頼し、陰性となった競走馬のみを出走させることとしました。なお、9月22日(土)の出走予定馬については、事前の検査に必要な期間の確保が困難であり、検査を行うことができないことから、22日(土)の開催は取止めとします。」と発表。今後の措置を明かしている。

 ボルデノンは「筋肉増強剤」であり、完全なる「ドーピング」ということになる。今後この2頭の関係者にも厳しい処分が下ることが予想されるが......。

JRAも大迷惑?岩手競馬「禁止薬物2頭発覚」で開催中止の衝撃のページです。GJは、競馬、JRAボルデノン禁止薬物の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!