NEW

武豊を子供扱い?大物関係者が教えるココだけの話。スプリンターズステークスのヤバイ裏事情に唖然。

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊を子供扱い?大物関係者が教えるココだけの話。スプリンターズステークスのヤバイ裏事情に唖然。の画像1
レッドファルクスの三連覇に黄色信号?

 武豊騎手のJRA通算4000勝カウントダウンが進む中、週末は秋のGIシーズン開幕を告げる、秋のスプリント王者を決める第52回スプリンターズSが行われる。今年は春のスプリント王ファインニードルに昨年の覇者レッドファルクス、前走で復活を果たしたセイウンコウセイなど、G1馬も多数顔を揃えるだけでなく、今年のサマースプリントシリーズで活躍した面々も参戦予定。また、香港からもG1馬ラッキーバブルズが来日し、この週からモレイラ騎手が再び短期免許を取得しナックビーナスに騎乗と、非常に話題も盛りだくさんのレースとなっている。

 しかしレッドファルクスは7歳という高齢が隠せず今年は未勝利。1番人気が見込まれるファインニードルも中山コースで大敗歴があり、実際に昨年のスプリンターズSも2ケタ着順に大敗している。サマースプリントシリーズで活躍した馬も疲れが見え隠れしており、香港馬の適性も未知数と波乱要素は十分。かつて200万馬券も飛び出したことがあるレースだけに、今年は何やら不穏な空気が流れているのだ。

 しかし、そんな波乱含みのスプリンターズSを的中させることができれば、秋のG1戦線に向けて大きな軍資金となるだけでなく、ちょっとした副収入にもなるだろう。そこで様々な角度からこのスプリンターズSをリサーチしたところ、

「日本馬の情報も、外人騎手の情報も、外国馬の情報も、彼らに任せておけば大丈夫。武豊を子供扱いする大物が揃っているほどだからね」

 と誰もが口を揃える競馬関係者集団を見つけた。彼らとは全国リーディングジョッキーを2度獲得するなど、若手時代の武豊の手本となった増沢末夫元JRA騎手・JRA調教師や、武豊よりも早くJRA全10競馬場の重賞制覇を成し遂げた安田富男元JRA騎手など、まさに大物中の大物競馬関係者達だ。

 その彼らが所属する競馬総合情報社シンクタンクは、スポーツ紙や競馬専門紙といった競馬マスコミとは一線を画し、本物の競馬関係者情報のみを入手している。彼らの情報とマスコミの情報、その違いは歴然だ。

 スポーツ紙や競馬専門紙、またインターネット上に掲載される情報は、誰の目にも触れることができる。厩舎関係者が特に気にしているのがスポンサーである馬主の目で、例え馬主自身がわかっていたとしても、「全然勝負にならない」などと書かれていい気はせず、「仕上がっていない」などと書けば、厩舎の管理能力が問われることになる。逆に有力馬を抱える陣営が「勝てる」「負ける気がしない」など表向きに吹いたところで、他陣営からのマークがきつくなるだけで何のメリットもないのが現状だ。しかも、近年は社台グループなど大手馬主グループの意向が強く反映している。マスコミにコメントを出す厩舎関係者は慎重になり、当たり障りのないコメントを出すケースも少なくない。調教師リーディング常連のI調教師も、あたりが柔らかいのでマスコミ受けはいいが、「当たり障りないコメントで本音を語ってくれない」とぼやく記者達もいるほど。

 しかしシンクタンクには、名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一元JRA調教師、安田富男元JRA騎手、境征勝元JRA調教師、平井雄二元JRA調教師など、現役関係者の大先輩にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍している。ゆえに、厩舎関係者からはもちろん、牧場や馬主など様々な関係者から情報を直接入手することができる。つまり、核心に迫る本音の部分を聞き出すことができるのだ。

武豊を子供扱い?大物関係者が教えるココだけの話。スプリンターズステークスのヤバイ裏事情に唖然。の画像2
競馬界を代表する大物関係者(平井雄二:左と中野渡清一:右)

 競馬情報において「本音か建前か」は非常に重要なウエイトを占めており、特に予想の参考にするのであれば絶対に「本音」でなければならない。しかし多くのマスコミには「建前」の情報が多く掲載されており、それを鵜呑みにした競馬ファンは、当たるはずのない馬券を購入しているのと同じことなのである。

 そのシンクタンクは週末のスプリンターズSに向けて揺るぎない自信を見せている。それを証明するのが次のコメントだ。

「宝塚記念で10番人気だった香港馬ワーザーから的中をお伝えしていることからわかるように、弊社には海外競馬事情にも通じる情報ルートが在籍しており、的確な評価を下すことができます。一般の方々が難解と思うレースほど、我々の情報力が生きる舞台であり、高配当的中も狙いやすくなります。今年のサマースプリントシリーズでは、函館スプリントSで2年連続万馬券的中、アイビスサマーダッシュは4年連続的中となっていますが、好メンバーが揃う今年のスプリンターズSでも高配当、万馬券を狙う絶好の狙いどころと見ています。特に騎手に絡む裏事情や馬主の思惑には唖然とするでしょう。

 今年春のG1レースは、9番人気で勝利したモズアスコットから馬連7370円的中となった安田記念、そして10番人気ワーザーから馬連9200円的中をお伝えした宝塚記念と、連続で人気薄馬から好配当的中で締めくくっております。そしてスプリンターズSも、その勢いのままに自信の提供が決定的であり、手応えは宝塚記念や安田記念以上です。馬券で『もっと効率よく勝負がしたい』とお考えの方は、ぜひ弊社のスプリンターズS情報をご利用ください」

 そして今回、シンクタンクは秋のG1戦線の開幕を記念し、まだ利用したことがない方に限り「スプリンターズSの3連単情報」を無料で公開する特別キャンペーンを実施するという。しかも今回シンクタンクを利用すれば、スプリンターズS情報だけでなく、サイト内の「G1特集」の人気コンテンツや「今週の馬券作戦」などプロの情報ルートが勝負する買い目が見られたり、競馬が面白くなる、馬券に役立つ話を無料で利用できるとのこと。

 ベテランの競馬ファンにとっても、これから競馬を始めるビギナーにとっても、シンクタンクだけが入手できる「関係者の本音」は一見の価値がある。マスコミとの違い、そして競馬の奥深さを知る絶好のチャンスでもあるので、ぜひこの機会を逃さないでいただきたい。
(文=編集部)

CLICK→無料公開「スプリンターズSの3連単情報」シンクタンク

※本稿はPR記事です。

武豊を子供扱い?大物関係者が教えるココだけの話。スプリンターズステークスのヤバイ裏事情に唖然。のページです。GJは、競馬、スプリンターズSレッドファルクス武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!