NEW

JRA神戸新聞杯(G2)「上がり馬筆頭」メイショウテッコンを狙え! 松山弘平気合充分

【この記事のキーワード】, ,
JRA神戸新聞杯(G2)「上がり馬筆頭」メイショウテッコンを狙え! 松山弘平気合充分の画像1

 23日、阪神競馬場で開催される菊花賞トライアル、神戸新聞杯(芝2,400m)に遅れてきた素質馬メイショウテッコン(栗東、高橋義忠厩舎)が出走を予定。春に実績を残していた同世代のライバルたちに挑戦状を叩きつける。

 春にクラシック出走を果たせなかったメイショウテッコン。これまでは揉まれ弱い点があったため、逃げなければ勝てなかった。だが、ラジオNIKKEI賞(G3)では3、4番手に付けて最後の直線で満を持して進出。大外から脚を伸ばしたフィエールマンも抑えて重賞初勝利を掴んでいる。

「夏を迎えて徐々に成長しつつありますね。前走後に管理する高橋義調教師は、菊花賞を制した経験を持つマンハッタンカフェ産駒であることから『長い距離を走れそうなイメージがあります』とメイションテッコンについて語り、菊花賞を目指すことを早々とに明言していました。

 今回はその前哨戦。前走とは違い、ワグネリアンやエポカドーロ、エタリオウなど春のクラシックで結果を残した一線級、いわば格上との対戦となります。菊を制覇するためにもここで確かな結果を残して、本番に向かいたいところでしょう」(競馬記者)

 そのメイショウテッコンは栗東CWで、前後を僚馬に挟まれる形で3頭併せ。早々と前を交わすと、後ろの馬と競り合うも、最後は鞍上から追われると力強く脚を伸ばし4F52秒7-12秒6のタイムを記録。高橋義調教師は「次につながる内容になれば。スタミナはあるし、そこをうまく生かしたい」と今後を見据えていた。

JRA神戸新聞杯(G2)「上がり馬筆頭」メイショウテッコンを狙え! 松山弘平気合充分のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声