NEW

JRAルメール騎手「アーモンドアイ2世」にベタ惚れ!?「ホント強い!」異次元の怪物ルガールカルムを大絶賛!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAルメール騎手「アーモンドアイ2世」にベタ惚れ!?「ホント強い!」異次元の怪物ルガールカルムを大絶賛!の画像1

 来年の牝馬クラシックのパートナーは「この馬」になるのだろうか。

 22日、中山競馬場で新馬戦(芝1600m)が行われ、単勝1.2倍という圧倒的な人気に推されたルガールカルム(牝2歳、美浦・田村康仁厩舎)が圧勝。12月の阪神ジュベナイルF(G1)、そして来年のクラシックに向けて「超大物」がインパクトを残した。

「直線の切れ味がすごかったね!」

 レース後、鞍上のC.ルメール騎手が興奮気味にそう話すのも当然か。16頭立てのレースで出走馬中、唯一の上がり3ハロン33秒台を記録。稍重のコンディションながら、上がり2位に0.5秒差をつける異次元の末脚で中山の坂を駆け上がった。

 ルガールカルムはゲートこそまずまずだったが、ルメール騎手が「スタート後に怖がって後ろになった」と話す通り、後方からの競馬。後方10番手で1コーナーに入った。向こう正面に入ると、ペースが落ち着いたのを見計らって中団までポジションを上げる。3コーナーから徐々に加速して、最後の直線を迎える頃には先団に取りついていた。

 この時期の新馬戦らしい、典型的な上がり勝負となった最後の直線。外に持ち出されたルガールカルムは徐々に加速。ルメール騎手がムチを使わなかった影響もあって、やや加速に手間取ったが、スピードに乗ってからは圧巻の切れ味。粘り込みを図る2着馬をあっという間に捉えると、最後は1馬身半差をつけてゴールした。

「スタート後に怖がって後ろになったけど、向こう正面でポジションを上げていけた。ホント強かったです!」

 レース後、ルメール騎手はルガールカルムの走りを手放しで絶賛。今秋、アーモンドアイによる牝馬三冠が懸かっているリーディング騎手だが、来年のクラシックも同じ「ロードカナロア産駒」で挑むことになるのだろうか。

JRAルメール騎手「アーモンドアイ2世」にベタ惚れ!?「ホント強い!」異次元の怪物ルガールカルムを大絶賛!のページです。GJは、競馬、アーモンドアイルガールカルムルメールの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!