NEW

JRA「短距離王」ファインニードル「ゆるゆる仕上げ」に不安......昨年大敗のスプリンターズS(G1)へ問われる陣営の手腕

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「短距離王」ファインニードル「ゆるゆる仕上げ」に不安......昨年大敗のスプリンターズS(G1)へ問われる陣営の手腕の画像1
Wikipedia(Ogiyoshisan)より

 30日に中山競馬場で開催されるスプリンターズS(G1)。今年の「主役」は、紛れもなく春のスプリント王ファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)に他ならない。

 今年になって川田将雅騎手とコンビを組んでから、国内では高松宮記念(G1)を含む3戦3勝の負けなし。前走のセントウルS(G2)も、58kgを背負いながら最後の直線であっさりと抜け出し、2着ラブカンプーに1馬身半差をつけて完勝している。

 それも陣営曰く「6分のデキだった」とのこと。大手競馬ポータルサイト『netkeiba.com』の事前予想でも単勝2.1倍の1番人気に支持されている通り、現在のスプリント界でも頭一つ抜けた存在といえるだろう。

 また、主戦の川田騎手はこの夏、ロジャー・ヴァリアン調教師に招かれる形での英国遠征を敢行。7月から9月までの約2カ月間という長期滞在となった。残念ながら目覚ましい活躍というわけにはいかなかったようだが、この貴重な経験はJRAの次代を担う名手にとって掛け替えのない貴重な経験になったハズだ。

 今回の英国遠征が川田騎手にとって、どれほどの「プラス」をもたらしたのかは本人にしかわからないが、少なくとも良い影響を与えていることは「帰国後の数字」を見れば明らかだ。

 9月8日の競馬から再び日本に復帰した川田騎手だが、そこから43鞍に騎乗して合計【7.12.6.18】。勝率0.163とやや勝ち切れない印象だが、連対率0.442、3着以内率0.581は今年の通算0.359、0.486を大きく上回っている。

 ちなみにこの数字は、現在リーディングを独走しているC.ルメール騎手よりも上。掲示板を外したのは、わずか11度しかなく、安定感という点では「絶好調」と述べても過言ではないだろう。現在(23日現在)リーディング5位で3位の戸崎圭太騎手とは11勝差だが、年内の逆転も充分にあり得そうだ。

JRA「短距離王」ファインニードル「ゆるゆる仕上げ」に不安......昨年大敗のスプリンターズS(G1)へ問われる陣営の手腕のページです。GJは、競馬、スプリンターズSファインニードル川田将雅の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!