NEW

JRAナックビーナス「モレイラ効果」で”サボり癖”解消! スプリンターズS(G1)で狙う「計画通りの暴走」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAナックビーナス「モレイラ効果」でサボり癖解消! スプリンターズS(G1)で狙う「計画通りの暴走」とはの画像1

 初のG1タイトルへ、「ここ」が最大のチャンスに違いない。中山・芝1200mのスペシャリスト・ナックビーナス(牝5歳、美浦・杉浦宏昭厩舎)が、待望のスプリンターズS(G1)に出走する。

 スプリンターズSの舞台として、これまで数々の名勝負が繰り広げられてきた中山の電撃6ハロン。ナックビーナスは6戦2勝、2着4回の連対率100%と、ここまでパーフェクトな相性を示しているだけに最高の舞台だ。

 しかしその反面、これまでキャリア27戦で[7.8.5.7]。「G1級」といえる類稀な能力を誇りながら、勝ち切れない競馬も目に付くのがナックビーナスの特徴。実際に近3戦の敗戦は、春の高松宮記念(G1)を含め、いずれも勝ち馬とは0.1秒差以内の接戦。高いパフォーマンスを発揮しても、最後の最後で勝ち切れないのが本馬の弱点だった。

「これまで走り切っていなくて、ずっとモヤモヤしてたんだ」

 そう語るのはナックビーナスを管理する杉浦調教師だ。どこか真剣味を欠く気性はレースだけでなく、普段の調教にも表れており「相変わらず自分で手加減する」と、独特の”サボり癖”に手を焼いている。

 しかし、そんなの問題点を「一発」で解消してくれたベストパートナーが現れた。前走のキーンランドC(G3)で”悩める女傑”を待望の重賞初制覇に導いたJ.モレイラ騎手だ。

「前走のキーンランドCは『さすがモレイラ』という内容でしたね。これまでのナックビーナスは関係者も『どこか本気で走っていない』と課題を指摘する馬でしたが、前走はそんな評価を一変させる内容。好スタートからすんなりハナに立って、さらに自らスパートをかける積極策でした。

 これで敗れれば『暴走』と言われかねない超積極的な競馬で、最後まで待たせてしまうのがモレイラの凄さ。何よりナックビーナスも全力を出し切れたと思います。春の高松宮記念では3着だったものの、勝ったファインニードルには完敗の内容。でも、このモレイラ騎手とのコンビなら……と思わせる魅力がありますね」(競馬記者)

 そんなモレイラ騎手の勝利に対する貪欲さは「数字」にも表れている。

JRAナックビーナス「モレイラ効果」で”サボり癖”解消! スプリンターズS(G1)で狙う「計画通りの暴走」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!