NEW

JRAサマースプリント王アレスバローズ「急遽」乗り替わりも不安ナシ!? 春にスクランブル騎乗Vの藤岡佑介と大舞台へ!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAサマースプリント王アレスバローズ「急遽」乗り替わりも不安ナシ!? 春にスクランブル騎乗Vの藤岡佑介と大舞台へ!!の画像1

 30日に中山競馬場で開催されるスプリンターズS(G1)。秋のG1シーズン開幕戦となる電撃6ハロン戦に、今年のサマースプリント王に輝いたアレスバローズ(牡6歳、栗東・角田晃一厩舎)が出走を予定している。

 昨年末に1600万下を勝ちあがったアレスバローズ。だが、今年の始動戦であるシルクロードS(G3)では2番人気に支持されながら11着と惨敗。その後も春雷S(OP)4着、鞍馬S(OP)5着と勝ちきれない競馬を続けていた。

 ところが、夏になると一変。2走前のCBC賞(G3)でレースレコードを記録する走りを見せて重賞初制覇を飾ると、続く北九州記念(G3)では鞍上の菱田裕二騎手が渾身のイン付きで重賞2連勝を達成。一気にその才能を開花させた。

「北九州記念では菱田騎手が上手く馬群を捌くなど、その手腕を遺憾なく発揮して勝利をアシスト。人馬一体となる乾坤一擲の走りを見せ、菱田騎手は嬉しい重賞初制覇を達成しました。結果も出したためこれからもタッグは継続するものと見られていました。

 ですが、スプリンターズSから藤岡佑介騎手への乗り替わりが発表されます。この乗り替わりの遠因には菱田騎手がアレスバローズを管理する角田厩舎の朝の調教に遅刻したことなどがあると言われています。菱田騎手とアレスバローズのタッグをこれからも見たいという人も大勢いたと思うのですが......」(競馬記者)

 まさかの乗り替わり劇が行われたアレスバローズ。スプリンターズSで騎乗する藤岡佑騎手とは約2年半前にタッグを組み、勝利をあげた経験も持つ。また藤岡佑騎手は今年のNHKマイルカップをケイアイノーテックで制し、G1競走初制覇を記録するなど、まさに円熟期を迎えつつある騎手だ。上がり馬アレスバローズと上り調子の藤岡佑騎手のタッグは、他陣営には脅威と映ることだろう。

JRAサマースプリント王アレスバローズ「急遽」乗り替わりも不安ナシ!? 春にスクランブル騎乗Vの藤岡佑介と大舞台へ!!のページです。GJは、競馬、アレスバローズスプリンターズS藤岡佑介の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!