NEW

武豊が凱旋門賞当日にG1競走ラッシュ!! クリンチャー&ジェニアル&ラルクの結果やいかに?

【この記事のキーワード】, ,
武豊が凱旋門賞デーにG1競走ラッシュ!! クリンチャー&ジェニアル&ラルクの結果やいかに?の画像1

 今年の10月7日にパリロンシャン競馬場で開催される凱旋門賞(仏・G1)にクリンチャーとともに挑む武豊騎手。キズナ以来5年ぶり7度目となる凱旋門賞への挑戦は大いに注目されている。だが、今年はファンから視線が向けられているのはその1戦だけではない。

 フランス遠征中のジェニアルとラルクの2頭が武豊騎手を背に乗せ、同日にパリロンシャン競馬場で開催されるG1競走に挑戦を表明している。ジェニアルはフォレ賞(芝1400m)、ラルクはオペラ賞(芝2000m)でそれぞれ勝利を目指すという。

「ジェニアル、ラルクのオーナーは武豊至上主義で知られるキーファーズ。毎年のように超良血馬を所有しており、今週もジェニアルの全弟で世界的良血馬であるゴータイミングが武豊騎手とのタッグでデビュー戦を迎える予定です。

 キーファーズは一部の関係者からは『馬の調子ではなく武豊騎手が騎乗できるか否かでローテーションを組んでいる』とまで言われているほど武豊騎手に惚れ込んでいます。この2頭のローテーションも、凱旋門賞当日のレースならば武豊騎手が騎乗できるという前提の元に組まれていたようにも思えます。この至上主義もここまで徹底しているとスゴイのひとことですよ」(競馬誌ライタ―)

 7日がG1競走ラッシュとなった武豊騎手。大舞台でそれぞれの馬に騎乗して躍動する姿を見たいところだが、不安材料も散見されるという。

武豊が凱旋門賞当日にG1競走ラッシュ!! クリンチャー&ジェニアル&ラルクの結果やいかに?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 看板馬引退で超名門厩舎がまさかの「崖っぷち」!? 重賞「71連敗」を止める秘策とは
  2. JRA【日経新春杯(G2)予想】大本命ステラヴェローチェより期待したい「あの伏兵」に波乱の兆し!? 昨年96万馬券の中京開催だからこそ狙いたい好配当の使者とは
  3. JRA武豊、金子真人氏へ「10年ぶり」追悼の勝利届ける! ダービー馬ワグネリアンを失ったディープインパクトオーナーに誓う重賞V
  4. JRA大出世レース・共同通信杯(G3)今年も「超大物」続々……。ジオグリフVSダノンスコーピオン、昨年のエフフォーリアに続く大器出現の予感
  5. 「もっと前行け、ボケィ」JRA岩田康誠の“不可解騎乗”に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA エフフォーリアに続く「期待馬」が京成杯(G3)に出走! 横山武史「騎乗停止」の代役抜擢は15年前のリベンジ誓う一流ジョッキー!?
  7. JRA 愛知杯(G3)「神騎乗」武豊に絶賛の嵐!? レジェンドの進路取りにファン称賛も「別角度」元JRA安藤勝己氏が着目したポイントとは
  8. JRA【AJCC(G2)展望】「G1級実力」オーソクレースVS遅れてきた「大器」ポタジェ!ボッケリーニは「騎乗停止」明け横山武史が魅力
  9. 【東海S(G2)展望】福永祐一の代打「21歳」団野大成、ついに1番人気濃厚!? JRA重賞57回目で初の重圧に挑む
  10. JRA「G1・9勝」武豊ルビーカサブランカは、あの「ゴルシ担当」今浪厩務員! 白毛の女王ソダシも手掛ける腕利きが通算20勝の大台に