NEW

【京都大賞典(G2)展望】シュヴァルグランなど強豪が集結! 大本命を止める「伏兵」陣も虎視眈々!?

【この記事のキーワード】

, ,

 体育の日となる10月8日(月)の京都競馬場では、秋G1の試金石となる京都大賞典(G2)が開催される。今年も重賞の常連となる実力馬が出走予定となっており、興味深いレースとなりそうだ。

 最注目は実績上位のシュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)だろう。今秋3戦での引退が決まっていることもあり、ココは次に繋がる結果を残したいはずだ。

【京都大賞典(G2)展望】シュヴァルグランなど強豪が集結! 大本命を止める「伏兵」陣も虎視眈々!?の画像1

 昨秋のジャパンC(G1)では、キタサンブラックを撃破してG1初制覇を成し遂げた本馬。続く有馬記念(G1)も3着と好走するなど、その力がトップレベルにあることは疑いようがない。

 今年の始動戦となった大阪杯(G1)は13着と大敗してしまったが、天皇賞・春(G1)では2着を確保。地力の高さを改めて証明した。

 京都競馬場は9戦して馬券圏内を8回確保と絶対の自信を誇っている舞台。久々とはなるが当然の主役候補だ。ジャパンC連覇へ向けて、良いスタートを切っておきたいところ。

 かつてキタサンブラックの「最大のライバル」といわれたサトノダイヤモンド(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)の復活はあるのだろうか。

【京都大賞典(G2)展望】シュヴァルグランなど強豪が集結! 大本命を止める「伏兵」陣も虎視眈々!?の画像2

 3歳ながら一昨年の有馬記念を制し、競馬界を牽引する存在として期待された本馬。しかし昨年は凱旋門賞(仏G1)で15着と大敗するなど、不本意なシーズンとなってしまった。

 復帰戦となった春の金鯱賞(G2)も、スワーヴリチャードの前に完敗の3着。直線で上がり最速の末脚を見せたものの、不安が残る内容だった。続く大阪杯も7着、本命に推された宝塚記念も6着と人気を裏切り、精彩を欠く走りが続いている。どこまで全盛期の力を取り戻しているかがポイントになりそうだが……。

【京都大賞典(G2)展望】シュヴァルグランなど強豪が集結! 大本命を止める「伏兵」陣も虎視眈々!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!