NEW

JRA新馬「白い皇帝」超良血初陣! すでにステルヴィオ以上!?

JRA新馬「白い皇帝」超良血初陣! すでにステルヴィオ以上!?の画像1

 昔から「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、ようやく蒸し暑い夏の装いも何処へやら。心地よい風がなびき秋めいてきた。そんな季節を待ち焦がれていたかのように、良血馬たちが続々とデビューを迎え始める。今週末9月30日、中山競馬場・芝1,800m新馬戦に1頭の注目馬がデビューを予定している。ヴァイスカイザー(2歳牡、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 ドイツの女傑・ナイトマジックの4番仔であるヴァイスカイザーはノーザンファーム生産の2016年5月7日遅生まれ。母馬は生涯成績20戦7勝、うち重賞5勝、G1レースで2着4回、そして伝統のG1レースである2,400mのバーデン大賞、2,200mの独オークスを勝っている。関係者も、よく国外に手放したものだと溜息するほどの逸材だ。

 その母方の血統構成にはソウルスターリングの母父や種牡馬ノヴェリストの父として日本でも名前が知れてきたMonsunがおり、母父はSadler’s Wells系のSholokhov。欧州の伝統G1である愛ダービー、エクリプスSで2着など活躍はしているものの、日本では全くといっていいほど知られていない。独国の名門、エルレンホフ牧場の「Nライン」と言われているらしい。日本に輸入された種牡馬ノヴェリストの母もその一族出身だ。

 日本でその血脈に所縁のある馬はいないものかと調べてみたところ、かなり懐かしい時代の1頭がいた。今では「JRAの生きるレジェンド」と呼ばれる武豊騎手に牡馬クラシック初勝利をもたらした菊花賞馬のスーパークリーク。その父であるノーアテンションがNラインの血を携えていた。あの中長距離戦での強さの秘訣がこの血脈にあったのか! と今更ながら感銘を覚えた。現役時を知らない競馬ファンでも初期のダビスタ(ダービースタリオン)を遊んだことがある方ならばその名前に聞き覚えがあるだろう。

 さて、母ナイトマジックは輸入後、2018年まで全てディープインパクトを交配している。ノーザンファームのその血統に対する期待が窺い知れるところだ。全兄のフォイヤーヴェルクは1億2000万円募集(サンデーレーシング)、全姉アルミレーナは5000万円募集(サンデーレーシング)、同馬は8000万円募集(サンデーレーシング)。そして2017年生まれの全弟は今年のセレクトセールでグレーターロンドンの馬主でもある窪田芳郎氏が1億1,880万円で落札している。

 大きな期待がかけられているナイトマジック産駒だが、中でも関係者間で評判が高いのがこのヴァイスカイザーだという。騎乗したスタッフは「こんな背中は味わったことがない。フワンフワンと浮くような走りでいかにも軽い芝が合いそうなタイプ」と大絶賛しているそうだ。

JRA新馬「白い皇帝」超良血初陣! すでにステルヴィオ以上!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合