NEW

スプリンターズS(G1)「ナックビーナス」不要の「4点」勝負!「有力ネタ」から決まる「超・勝負馬」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「現場情報至上主義・ジェームスT」今週の大勝負は、30日(日)に開催されるスプリンターズS(G1)だ。

 勢力図は大きく変わり混戦模様となっているスプリント界。その中で高い注目を集めている1頭として、ナックビーナスがあげられる。

 高松宮記念(G1)と函館スプリント(G3)で3着、キーンランドC(G3)で重賞初制覇を飾り一気に主役候補に躍り出た本馬。鞍上をJ.モレイラ騎手が務めることもあり、当然ながら人気を集めるだろう。

 しかし、今回はナックビーナスも霞む「激アツ情報」が浮上している馬を優先。「旨味ある配当」へ少しでも近づけるために「不要」と判断した。

 関係者から仕入れた「有力ネタ」によって選ばれた◎○▲△の「4頭」で勝負したいと思う。

 本命「◎」に選んだのは高松宮記念(G1)2着馬レッツゴードンキ(牝6、 栗東・梅田智之厩舎)だ。

スプリンターズS(G1)「ナックビーナス」不要の「4点」勝負!「有力ネタ」から決まる「超・勝負馬」とはの画像1※画像:レッツゴードンキ/『競馬つらつら

 2015年の桜花賞(G1)を制した本馬。その後は馬券圏内さえ確保できないレースが続いたが、短距離路線に絞ってからは昨年のスプリンターズSでも2着となっているように安定した結果を残している。

 今年の高松宮記念も2着に敗れたが、勝ち馬ファインニードルにハナ差まで詰め寄る強い競馬を披露。自力の高さは証明したと言えるだろう。

 国内スプリントG1は3戦連続で2着。勝ちきれない印象は拭えないが、その力がトップレベルであることは疑いようがない。気になるのは状態面だが……。

「昨年は仕上がりに不安を漏らしていたけど2着と好走。約5カ月ぶりの”ぶっつけ”本番でも好走するんだから、やはり地力は高いよ。一叩きして臨める今回は期待しかないね。陣営も『ローテーションは手応えあり』とトーンは高い。

年齢を重ねて動きに変化も感じるけど『近走の内容からチャンスは十分』と自信を覗かせている。『何とかG1のタイトルをもう一つ取らせてあげたい』と勝負気配の高さが目立つ今回は買わない理由がないね」(競馬関係者)

スプリンターズS(G1)「ナックビーナス」不要の「4点」勝負!「有力ネタ」から決まる「超・勝負馬」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!