NEW

JRA栗東「思惑」多数入手……武豊「鞍上巡る動き」や四位洋文「最後」説……スプリンターズS(G1)の裏側

【この記事のキーワード】

, ,

スプリンターズS(G1)JRA栗東陣営「注目」3頭情報公開!? 電撃6ハロン戦を制するのは......!?の画像1

 今週、スプリンターズS(G1)が中山競馬場で行なわれる。この秋最初のG1を獲って、気持ちよくこれから続く秋の重賞戦線に突入したいところだろう。

 今回は栗東から届けられた有力な情報をもとに、注目すべき3頭をピックアップしたのでご紹介したい。

 まず1頭目は、鞍上問題に揺れたアレスバローズ(牡6歳、栗東・角田晃一厩舎)だ。

 年始こそ成績が振るわなかったものの、夏になると一変。2走前のCBC賞(G3)でレースレコードを記録する走りを見せて重賞初制覇を飾ると、続く北九州記念(G3)ではダイアナヘイローやアサクサゲンキなどの実績馬を抑えて見事に優勝してみせた。

「前走で騎乗した菱田裕二騎手が上手く馬群をさばいて、持ち味の末脚を引き出す好アシスト。当初はスプリンターズSでも引き続き騎乗すると報じられていました。ところが、大舞台直前で藤岡佑介騎手に乗り替わることが決定。この降板劇は、菱田騎手がアレスバローズを管理する角田厩舎の調教に遅刻したことが原因のひとつだと言われていました。

 乗り替わりとなったアレスバローズは、スタートや折り合いに難がある馬として知られています。ですが、藤岡佑騎手は約2年半前に騎乗して勝利した経験があります。また今年はG1を勝つなど絶好調ということもあり、陣営も期待しているようです」(栗東担当記者A)

 突然の乗り替わりだったものの陣営は騎手に不安はないようだ。だが、別の所でひとつ問題を抱えているという。

「当日の天気が気になっているみたいですね。ディープインパクト産駒のアレスバローズは、軽い走りをするので陣営はできれば良馬場での開催を望んでいたみたいです。しかし、台風の影響もあり当日は雨が降る確率が高そうですね。こればっかりはどうしようもないです……」(前出・同)

 鞍上問題は解決したものの、もうひとつの不安を解決するのは難しいようだ。

JRA栗東「思惑」多数入手……武豊「鞍上巡る動き」や四位洋文「最後」説……スプリンターズS(G1)の裏側のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!