NEW

新垣結衣の「救世主」はアノ男? 『獣になれない私たち』不安多めでも「評価絶大」アノ人がいれば無問題?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新垣結衣の「救世主」はアノ男? 『獣になれない私たち』不安多めでも「評価絶大」アノ人がいれば無問題?の画像1

 女優の新垣結衣主演『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が、10月10日にいよいよスタートする。

 ここ2年ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットを皮切りに『コード・ブルー』(フジテレビ系)のドラマ&映画、主演映画『ミックス。』、さらにはCMでも引っ張りだこと、まさに「ガッキーフィーバー」が続いている状況である。そんな新垣の主演ドラマだけに、すでに「高視聴率確定」の声も後を絶たない。

 さらに脚本は『逃げ恥』の野木亜紀子氏で「土台」も盤石となれば、向かうところ敵なしといった感じだが……『逃げ恥』と同等のインパクトを出せるかといえば、それはまた別の話だとか。

「夏クールの『義母と娘のブルース』(TBS系)が大ヒットし、その余波が未だ収まっていません。綾瀬はるかさんはもちろん、竹野内豊さんや佐藤健さんらの好演のインパクトは非常に強かったですね。『逃げ恥』と同枠で内容も『家族のカタチ』を示す点で似ており、視聴率も肉迫したことで新垣さんも注目されました。これを超える作品になるかどうかは気になるところでしょう。

また、マイナビニュースが行った秋の民放連続ドラマで『最も期待する作品』のアンケート結果では4位。『下町ロケット』(TBS系)や『相棒』(テレビ朝日系)など続編、シリーズものが強いのは当然ですが、大きく水をあけられる結果となってしまいました。このへんがどう影響するのかも見ものです」(記者)

 超えるべきハードルは決して低くはないようだ。それでもなお大ヒットさせてしまうのがガッキーのガッキーたる所以のようにも思えるが……。

 同ドラマのヒットには、新垣の好演ももちろんだが、それ以上に「相方」の活躍が不可欠だろうと指摘する関係者もいる。

新垣結衣の「救世主」はアノ男? 『獣になれない私たち』不安多めでも「評価絶大」アノ人がいれば無問題?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!