NEW

武豊「神騎乗」に”悲鳴”続々!? スプリンターズS(G1)三連単20万馬券「大波乱」の立役者に称賛相次ぐと思いきや……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「神騎乗」に悲鳴続々!? スプリンターズS(G1)三連単20万馬券「大波乱」の立役者に称賛相次ぐと思いきや......の画像1

「思い通りのレースはできたかな」

 JRA通算4000勝の金字塔を打ち建てた「レジェンド」の手綱捌きが光ったレースだった。30日に行われた秋G1の開幕戦スプリンターズS(G1)は、1番人気のファインニードルが優勝。しかし、三連単は20万馬券を超える大波乱の結果となった。

「ワンスインナムーンとラブカンプーの間が空きそうで空かなかった……空いたら、もっと際どかったと思う」単勝63.7倍の13番人気ラインスピリットを3着に導き、波乱の立役者となった武豊騎手はレース後、そう悔しがった。

 16頭立てで行われたレースで、ポンッと好スタートを切ったラインスピリットは、そのまま好位をキープ。JRA・G1の中で最短距離として知られるスプリンターズS。ほんのわずかなことが勝負を左右する極限のスピード勝負になるからこそ、1枠1番の利を最大限に活かし「きっちり1200mを走ること」に拘った見事なインベタだった。

 しかし、その”ツケ”を最後の最後で支払うこととなる。抜群の手応えで最後の直線を迎えたラインスピリットだったが、インコースがゴチャついたため、前を走っていたワンスインナムーンとラブカンプーが邪魔になって追えないシーンがあった。その一瞬の間隙を縫うように、外から王者ファインニードルが強襲。ラインスピリットは2着ラブカンプーに半馬身差まで迫った惜しい3着だった。

「もし、スムーズだったら2着はあったでしょうね。勝ったファインニードルと2着のラブカンプーはクビ差ですし、もしかしたら……もしかしたかもしれません。最後の不利は痛かったですが、そこまでの過程は完璧でしたね。

ラインスピリットはずっと主戦の森一馬騎手が手綱を執っていたんですが、ダイアナヘイローが鼻出血を発症したことで武豊騎手がフリーに。そこでラインスピリット陣営が、武豊騎手にオファーすることとなりました。当初は『非情な決断』と乗り替わりを非難する声もありましたが、この結果なら陣営も後悔はないでしょうね」(競馬記者)

武豊「神騎乗」に”悲鳴”続々!? スプリンターズS(G1)三連単20万馬券「大波乱」の立役者に称賛相次ぐと思いきや……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!