NEW

「時速3万発オーバー」"神速"パチンコを実現!? 「超・革新的」メーカーに熱視線!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「時速3万発オーバー」神速パチンコを実現!? 「超・革新的」メーカーに熱視線!!の画像1


〇〇◯
時速3万発オーバー」神速マシンが登場!?
甘デジ『シンフォギア』、爆裂『バイオ』も霞む"本命機"!?
〇〇◯

 絶好調メーカー・SANKYOの快進撃が止まらない。

 今月15日リリース予定の『CRドラムゴルゴ13』は、好評を得ていた「V-STOCK」第2弾。継続率の限界を攻めた「一種二種混合タイプ」としてデビューする。大当り確率1/159.8、RUSH中の継続率が実質約75%と遊びやすさは健在だ。

 出玉面も魅力的。ヘソ・電チュー問わず大当りの約75.8%が「Big Bonus(756個)」以上で、約1900個を獲得できる「Hyper Big Bonus」は約15%となっている。まとまった出玉も十分に期待できる仕様といえるだろう。

 爆発力という意味では、11月導入予定の『CR BIOHAZARD REVELATIONS』も負けてはいない。

 スペックは大当り確率約1/319のミドルタイプ。ヘソからの確変突入率は40%とやや低めだが、現行機最強クラスの16R(2400個)比率となっている。

 ヘソでの大当りでも16R割合は25%、電チュー時は65%で16R+確変となる。業界関係者が「旧MAX機に匹敵するレベル」と豪語するほどだ。そんな強力スペックに「無双2より優秀かも」「出玉力は間違いなさそう」と早くも反響を呼んでいる状況だ。

 さらに「V-STOCK」第一弾となる『CR 戦姫絶唱シンフォギア』の別スペックが12月にデビュー予定。「甘デジ×連チャン」仕様にアツイ視線が注がれている。

「前作のゲーム性を"甘デジスペック"に完全移植。大当り確率1/99.9の『1種2種混合機』となっています。実質継続率はほぼ変わらず、約1050個を獲得できる15R割合は20%。連チャン率を加味すれば、十分な出玉性能といえますね。

『シンフォギア』はスペック・演出どちらも大変評価が高い。それがより遊びやすくなった『甘デジ』となれば、さらに注目を集めそうです。正式発表が待ち遠しいですね」(記者)

 2018年後半も注目機種が目白押しのSANKYO。業界の「リーディングカンパニー」に相応しい活躍ぶりだが......。

「時速3万発オーバー」"神速"パチンコを実現!? 「超・革新的」メーカーに熱視線!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、SANKYOシンフォギアパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!