NEW

麻雀Mリーグ「3日目」を占う! 麻雀界の「華」二階堂亜樹VS「鉄人」前原雄大が激突……大注目の麻雀プロリーグが再開!!

【この記事のキーワード】, , ,

 休養日を挟み、4日から再開される麻雀『大和証券Mリーグ2018』。

 AbemaTVで放送された開幕戦は視聴者数30万を超える華々しいスタートを切ったが、2日目も一時は28万を超えるなど、その注目度は衰えず。広告塔としての役割も大きいTEAM RAIDEN(電通)の萩原聖人が不在だった中、この数字をキープできた意義は「大革命期」を迎えている麻雀界にとって極めて大きな事実といえるだろう。

 先日行われた2日目第1戦では、赤坂ドリブンズ(博報堂)の村上淳が貫禄のトップ。全治1カ月という脚の負傷を抱えながらも、オーラスでKONAMI麻雀格闘倶楽部の佐々木寿人から満貫を直撃。逆転で、最高位戦日本プロ麻雀協会の頂点に立つ男の底力を見せて付けた。

 これで開幕から1着→2着→1着と絶好のスタートを切った赤坂ドリブンズ。一時はトータルポイントを120まで伸ばし断トツの首位に躍り出たが、そこで”待った”を掛けたのが渋谷ABEMAS(サイバーエージェント)のエース・多井隆晴だ。

 序盤で大量リードを築くと、その後も要所でアガりを見せる完璧なゲームメイク。首位・赤坂ドリブンズの園田賢とトップ・ラスを決める会心の闘牌でチームに初トップをもたらすと、渋谷ABEMASが3位に浮上した。

麻雀Mリーグ「3日目」を占う! 麻雀界の「華」二階堂亜樹VS「鉄人」前原雄大が激突......大注目の麻雀プロリーグが再開!!の画像1「AbemaTV」より

開幕初日は、鳴き速攻を主体とするU-NEXTパイレーツの小林剛、石橋伸洋、それに赤坂ドリブンズの園田、鈴木たろうが躍動。赤ありルールが採用された「Mリーグの傾向」を表す結果となった。

だが2日目は打って変わって、じっくり大物手を作り「重い一撃」を放つ村上、多井がトップ獲り。実績十分のベテラン2人がしっかりと新リーグにアジャストし、麻雀戦術の奥深さを示す結果となった。

麻雀Mリーグ「3日目」を占う! 麻雀界の「華」二階堂亜樹VS「鉄人」前原雄大が激突……大注目の麻雀プロリーグが再開!!のページです。GJは、麻雀、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  2. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  3. 多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】
  4. Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫る
  5. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 多井隆晴×瀬戸熊直樹「最強位」のMリーグ対談! 禁断の「お前、ダサかったなあw」で号泣・多井がまさかのV字復活!? TEAM雷電「逆転ファイナル」が現実的な2つの理由
  8. Mリーグ多井隆晴「どうやったら彼女できんの?」を白鳥翔がメッタ斬り!? 「とりあえず○○をやめなさい!」【渋谷ABEMAS対談インタビュー】
  9. 【小島武夫さん追悼再掲載】勝負と女に賭けた人生 日本初の麻雀プロ・小島武夫の「遺言」
  10. 小林剛×多井隆晴が新設『Mリーグ』を語り尽くす! 何故「コバゴーは勝てるのか」麻雀のセオリーを覆す「正論」に驚愕!?
  11. 多井隆晴が『多井熱』で語る麻雀界の真実。最強プロが見た「地獄」本当に怖いのは……プロ2000人全員「勘違い」と襲来するブーム終焉の時