NEW

JRA毎日王冠(G1)「悲願コンビ」ケイアイノーテックが超順調。3歳が「壁」に挑む

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA毎日王冠(G1)「悲願コンビ」ケイアイノーテックが超順調。3歳が「壁」に挑むの画像1※ケイアイノーテック/『競馬つらつら』より

 10月7日に東京競馬場で開催される毎日王冠(G2、芝1800m)。マイル~中距離を得意とする強豪たちが秋の始動戦とすることも多く、毎年豪華な顔ぶれとなることで知られる。そのレースで存在感を示したいのが、ケイアイノーテック(牡3歳、栗東・平田修厩舎)だ。

 NHKマイルカップ(G1)を制して春を終えたケイアイノーテック。だが、それまでは重賞に挑戦するも、勝利まではあと一歩届いていなかった。

「高い才能を秘めながらも発揮しきれなかったのは、鞍上が固定できなかっためかも。これまでも福永祐一騎手や川田将雅騎手がその背に乗ってきましたが、2戦続けて騎乗する事はありませんでした。陣営も騎手を固定できなかったことを気に病んでいたようです。

 NHKマイルも当初はテン乗りになる武豊騎手が予定されていました。ところが、騎乗停止で乗れなくなったため、急遽白羽の矢が立てられたのが藤岡佑介騎手です。今までは騎手が固定されていなかったことがマイナスに働いていたようですが、ここでは一転してプラスに。この急造コンビは早いレースペースを読み切り、後方で脚をためると最後の直線で大外一気を決めて悲願のG1戴冠。人馬ともにうれしいG1初制覇を達成しました」(競馬記者)

 二転三転する鞍上に悩んでいたものの、春の大一番を前に最良のパートナーに巡り合ったケイアイノーテック。始動戦となる毎日王冠に向けて3日、その藤岡佑騎手を背に栗東坂路でサンライズチャージ(500万下)と併せ馬。藤岡佑騎手が仕掛けるとすぐさまに速度を上げ、4ハロン52秒1-12秒3を記録し、僚馬に3馬身先着してみせた。

JRA毎日王冠(G1)「悲願コンビ」ケイアイノーテックが超順調。3歳が「壁」に挑むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!