NEW

JRA「2歳最強へステップ」グランアレグリアが「ダノンプレミアム覚醒レース」に出走

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「2歳最強へステップ」グランアレグリアが「ダノンプレミアム覚醒レース」に出走の画像1

 今週末のJRAは3日間開催。土曜日の東京競馬場11Rは、芝1,600mで行われる2歳重賞、サウジアラビアロイヤルC(G3)が行われる。同レースには、「netkeiba.com」 POGでもランキング14位という人気を誇るグランアレグリア(2歳牝 美浦・藤沢和雄厩舎)が出走する。

 グランアレグリアの新馬戦は、スタートも抜群で鞍上のC.ルメール騎手は先団でレースを進めた。4コーナーをまわって直線に入るとエンジンの違いから、馬なりで先頭に立ち、後は持ったままで府中の坂を登りきると追いすがる後続を引き離しての圧勝だった。2馬身引き離した2着のダノンファンタジーは次走の未勝利戦で楽勝していることからも、現時点での同馬の能力は重賞級であろう。

 レース後、C.ルメール騎手は「気持ちの部分で少し心配しましたがまったく問題なかったです。むしろ乗り安かったです。できれば馬の後ろに入れて競馬を教えたかったのですが、外枠スタートでしたし、スタートからスムーズに気持ちよく走れていたのでそのまま前々で競馬を進めました。直線での伸び脚も良かったですし、素晴らしい馬ですね」と絶賛している。ディープインパクト産駒、藤沢和雄厩舎という事を考えれば、C.ルメール騎手にとっても来年の牝馬クラシック候補生のお手馬筆頭であろう。

 さて、ここに至るまでの状態だが、7月には既にサウジアラビアロイヤルCを目標にすることを明言しており、何事もなく8月末までノーザンファーム天栄で調整を続け、9月に入り、美浦トレセンに帰厩。新馬戦時には458kgだった馬体も472kg台とひとまわりもふたまわりも逞しくなっている。先々週にはC.ルメール騎手が跨り、美浦坂路で「55.0 - 40.1 - 25.9 - 12.6」といい動きをみせている。

 調教スタッフからは「デビューの頃と比較すると乗りやすくなっています。気持ちも落ち着いています」また藤沢調教師からも「よくなっている。大丈夫」と、師らしく言葉少なく控えめなコメントだが、まさに順調そのものといったところだろう。今週は単走で軽めに追われ、体制は万全といったところか。

JRA「2歳最強へステップ」グランアレグリアが「ダノンプレミアム覚醒レース」に出走のページです。GJは、競馬、JRAグランアレグリアサウジアラビアロイヤルCの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!