NEW

JRA毎日王冠(G2)ステルヴィオ「致命的」弱点発覚!? 日本ダービー惨敗の「本当の理由」はスタミナではなく......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA毎日王冠(G2)ステルヴィオ「致命的」弱点発覚!? 日本ダービー惨敗の「本当の理由」はスタミナではなく......の画像1

 7日に東京競馬場で行われる毎日王冠(G2)。今年は3頭の3歳馬が古馬との初対決を迎えるが、中でも実績馬のステルヴィオ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)は人気の中心になりそうな1頭だ。

 この春も皐月賞(G1)までは、ダノンプレミアム以外に敗れたことがない「世代No.2」という存在だったステルヴィオ。距離の長い春のクラシックでは敗戦を重ねたが、適距離に戻ったここなら「世代トップクラスのパフォーマンスを如何なく発揮できるのでは」という見立てだ。

 しかし、実は陣営のトーンは決して高いとは言えないという。

「各メディアでは人気を集める馬だけに好評価の報道が並んでいるが、実際のところはどうなのかな。馬体がすごく増えてることが話題になって『成長分』だって言われてるけど、実際は全部がそうってわけじゃないと思うよ。

というのも、ステルヴィオは木村厩舎に帰ってきてから熱発があった。それでリズムが狂ったのか、最初のコース追いでもバタバタ......1週前追い切りも、決していい内容じゃなかったからね。最終追いで多少良くはなったけど、陣営にとっては誤算続きみたいだよ」(競馬記者)

 確かに陣営は「休み明けで絶好調のコンディションではない」と話しているが、そこまでイマイチなのだろうか......。

「皐月賞とダービーで負けたのはロードカナロア産駒の『距離』だって言われてるけど、ホントにそうかな。だって、同じカナロア産駒のアーモンドアイがオークスを楽勝しているわけでしょ。ここだけの話、ステルヴィオには『もっと深刻な弱点がある』って言われてるよ。改善が見込めないようだと、一流の競走馬としては致命的だね」(同)

JRA毎日王冠(G2)ステルヴィオ「致命的」弱点発覚!? 日本ダービー惨敗の「本当の理由」はスタミナではなく......のページです。GJは、競馬、JRAステルヴィオ毎日王冠の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!