NEW

【秋華賞(G1)展望】JRA牝馬3冠へアーモンドアイの状態は!? 武豊カンタービレ、ラッキーライラックが逆転狙う

【この記事のキーワード】, , ,
【秋華賞(G1)展望】JRA牝馬3冠へアーモンドアイの状態は!? 武豊カンタービレ、ラッキーライラックが逆転狙うの画像1

 14日、いよいよ秋華賞(G1、芝2000メートル)が開催される。秋華賞から有馬記念、ホープフルSまで、今年は毎週続く連続G1開催の第1弾、気合いを入れて臨みたい。レースを展望していく。

 圧倒的1番人気がアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)。桜花賞(G1)、オークス(G1)を制した2冠牝馬がジェンティルドンナ以来の牝馬3冠達成に挑む。休み明けだが、シンザン記念(G3、1600メートル)から3カ月振りの桜花賞を勝った馬。問題はないはず。1週前追い切り後、ルメール騎手の「少し太い」「春シーズンと同じレベル」という発言は少し気になるが、他のライバルたちとは力の差がある。ここは通過点、馬券はジャパンC(G1)で買いたいというファンも少なくないだろう。

 不安を挙げれば京都2000メートル(内回り)。それなりに流れるので先行馬よりも差し馬に有利だ。ただし、道中は中団、後方でも4角では好位にとりつく器用さ、短い直線での一瞬の切れ味が求められる。桜花賞のような大外からのロングスパートは決めづらい。ただ、それはルメール騎手も承知。オークスと同様に好位を取りたいと語っている。心配は不要か。

 アーモンドアイと初対戦という意味で最も期待されていたのがノームコア(牝3歳)。紫苑S(G3、芝2000メートル)を1.58.0という好タイムで優勝、2着馬に3馬身差をつけた。しかし、疲れが出て放牧。やがてアーモンドアイと戦う日が来るのを待とう。

【秋華賞(G1)展望】JRA牝馬3冠へアーモンドアイの状態は!? 武豊カンタービレ、ラッキーライラックが逆転狙うの画像2

 ラッキーライラック(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)がチューリップ賞(G2、芝1600メートル)を圧勝した時、多くの競馬ファンの脳裏に「この馬を負かせるのはアーモンドアイしかいない」という思いがよぎったはず。結果はそのとおり、1番人気ラッキーライラックは2番人気アーモンドアイに抵抗できなかった。

【秋華賞(G1)展望】JRA牝馬3冠へアーモンドアイの状態は!? 武豊カンタービレ、ラッキーライラックが逆転狙うのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?