NEW

JRA「復活悲願」サトノダイヤモンドはトンネルを脱したのか、気になる次走こそ「ベスト」と証明?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「復活悲願」サトノダイヤモンドはトンネルを脱したのか、気になる次走こそ「ベスト」と証明?の画像1

 秋の京都競馬場開幕週である10月8日(月)は、久しぶりのお天気に恵まれたが、爽やかな秋晴れというよりは、28度に達する夏日となっての開催となった。

 同日のメインレース、京都大賞典(G2)は、昨年のジャパンC勝ち馬シュヴァルグラン(牡6歳 栗東・友道康夫厩舎)が単勝2.2倍の1番人気、菊花賞と有馬記念のG1・2勝馬サトノダイヤモンド(牡5歳 栗東・池江泰寿厩舎)が単勝2.3倍の2番人気と、人気の上では2強対決の様相を呈したレース予想となった。

 1番人気のシュヴァルグランは、今年の古馬中距離G1初戦であった大阪杯では不甲斐ない競馬であったが、春2走目の天皇賞・春では、さすが、JRA歴代獲得賞金王のキタサンブラックとG1で接戦を演じてきただけのことはある貫禄を見せ、2着。適距離の京都大賞典でも注目となった。

 レース前、友道調教師からは「前走はレース内容としては完璧だったと思うんですけど、最後先頭に立ったところでフワッとして勝ち馬に差されました。天皇賞の後、すぐに放牧に出しまして、いつもより長めの休養となりました。年齢も年齢なのでそんなに変わり身はないですが、馬体もふっくらして帰ってきました。今回のレースを前にいつも通り、1週前には3頭併せでしっかり追い切りましたが、元々、休養明けはそんなに動くタイプではないのですが、この馬なりには時計も動きも良かったと思います。秋初戦なので春の天皇賞の出来にはないと思いまけどが、いい感じでレースを迎えられると思います」(グリーンch トレセン情報局より)と、坂路の併走で遅れをとったのを見ても、明らかに叩き良化型で次走が狙いだろうと思えるコメントに終始した。

 対して、2番人気のサトノダイヤモンドは、昨年の凱旋門賞から帰国後、金鯱賞でスワーヴリチャードを相手にG1馬の底力を見せての3着はしたものの、今年初戦、大阪杯は1.0秒差の7着、続く宝塚記念では0.8秒差の6着と全くいいところがなく終わった。

JRA「復活悲願」サトノダイヤモンドはトンネルを脱したのか、気になる次走こそ「ベスト」と証明?のページです。GJは、競馬、JRAサトノダイヤモンド競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!