NEW

【府中牝馬S(G2)展望】JRA「スーパー牝馬G2」! 充実ディアドラにデムーロリスグラシューが襲いかかる

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日、3歳牝馬クラシック最終戦となる秋華賞(G1)が行われるが、前日の13日土曜日には府中牝馬S(G2、芝1800メートル)が開催される。頭数は多くないがレベルの高いメンバーが揃った。どんなレースになるのか、府中牝馬Sを展望する。

【府中牝馬S(G2)展望】JRA「スーパー牝馬G2」! 充実ディアドラにデムーロリスグラシューが襲いかかるの画像1
ディアドラ(競馬つらつらより)

 優勝候補の筆頭は昨年の秋華賞馬ディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)。前走の札幌クイーンS(G3、芝1800メートル)は圧巻だった。道中は後方を進み、直線では大外から楽な手応えで差し切った。他の有力馬の多くが春以来のレースとなる中、夏に一度使ったアドバンテージは大きい。

 このレースは牝馬による中距離女王決定戦、エリザベス女王杯(G1、芝2200メートル)の前哨戦でもあるが、ディアドラはエリザベス女王杯を使わずに香港C(G1)に向かう予定。京都外回り2200メートルは昨年のエリザベス女王杯で12着と惨敗、今年初戦の京都記念(G2)でも6着と結果が出ていないからだ。ここを順当に勝って、香港Cでも好走してほしい。

 鞍上はC.ルメール騎手。翌日には秋華賞の歴史的大本命馬アーモンドアイの騎乗が控える。ここを取りこぼすようなケチは付けたくない。

【府中牝馬S(G2)展望】JRA「スーパー牝馬G2」! 充実ディアドラにデムーロリスグラシューが襲いかかるの画像2

 能力はディアドラ以上かもしれないのがリスグラシュー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)。阪神JF、桜花賞、秋華賞、ヴィクトリアM。これまで4度のG1レースで2着と涙を飲んだ。この秋は必勝を期して、主戦だった武豊騎手からJ.モレイラ騎手への乗り替わりが発表され、ファンの間に衝撃が走った。

 ところがモレイラ騎手は騎乗停止。ここを予定していた昨年のエリザベス女王杯馬モズカッチャンが軽い熱発で回避したため、同馬に騎乗予定だったM.デムーロ騎手がリスグラシューに騎乗する。JRAのG1は大阪杯以来勝っていないデムーロ騎手。先日の南部杯(Jpn1)ではルヴァンスレーヴで、ゴールドドリームのルメール騎手に一矢報いた。勢いづけば恐い騎手、馬の実力も証明済み。ディアドラと互角と言っていい。

 今年のヴィクトリアM(G1、芝1600メートル)、ハナ差でリスグラシューのG1制覇を阻止したのがジュールポレール(牝5歳、栗東・西園正都厩舎)。重賞初制覇がG1初制覇となった。デビューは3歳春と遅かったが、ぐんぐんと力を付けてきた。マイル中心に使われ全戦績は【6・2・2・4】と高値安定。掲示板を外したのは昨年のエリザベス女王杯(16着)のみ。目標はマイルCS(G1)になるが1800メートルは1戦1勝と守備範囲内。軽視はできない。

【府中牝馬S(G2)展望】JRA「スーパー牝馬G2」! 充実ディアドラにデムーロリスグラシューが襲いかかるのページです。GJは、競馬、ディアドラリスグラシュー府中牝馬Sの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!