NEW

有村架純「ただの犯罪」指摘『中学聖日記』内容に罵詈雑言。女優生命にも大きな汚点?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有村架純「ただの犯罪」指摘『中学聖日記』内容に罵詈雑言。女優生命にも大きな汚点?の画像1

 女優の有村架純主演『中学聖日記』(TBS系)の初回が放送されたが、非難が波のように押し寄せている。

 視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまさに散々。前クールの『義母と娘のブルース』が20%に迫ろうかというヒットをしただけに、その惨敗ぶりは明白だ。

 新任教師の聖(有村)が、片田舎の中学校で生徒と「禁断の恋」に落ちてしまう、というちょっと危なげな話。原作はかわかみじゅんこ氏の同名コミックであるが、これをドラマにしたことが反感を買っているらしい。

 視聴率は見ての通りだが、ドラマによっては高評価が多かったりするもの。しかし『中学聖日記』にそれはない。

「生徒と先生って、ようは犯罪」「炎上狙いとしか思えない」「これまで見た中で最低のドラマ」と酷評の嵐である。


「芸能人と未成年のトラブルが大々的に報じられたりもするので、タイミング的にかなり悪いでしょうね。仮に一部視聴者が語るように『炎上狙い』だとしたら、視聴率を見る限り不発。話題にも上がっていません。

このまま体たらくだと、早い段階で打ち切りもやむを得ず、となるかも」(記者)

有村架純「ただの犯罪」指摘『中学聖日記』内容に罵詈雑言。女優生命にも大きな汚点?のページです。GJは、エンタメ、中学聖日記有村架純視聴率の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!