NEW

JRA木幡育也「石橋脩落馬元凶」関係者から冷たい視線。「禁止薬物」「喫煙泥酔」トラブルメーカーに未来なし?

【この記事のキーワード】,
JRA木幡育也「石橋脩落馬元凶」関係者から冷たい視線。「禁止薬物」「喫煙泥酔」トラブルメーカーに未来なし?の画像1

 8日、東京競馬場の第7R(500万下・ダート1600m)で、ヒルダに騎乗していた石橋脩騎手は落馬し、右足関節脱臼骨折の負傷を負った。このため、今週末の秋華賞(G1)におけるラッキーライラックへの騎乗は事実上不可能となっている。

 石橋騎手の”事故”は、最終コーナーで先に転倒、落馬していた木幡育也騎手の騎乗馬に接触したことで発生していた。そのため、発端となった木幡育騎手には仲間内から厳しい視線が向けられている。

「木幡育騎手は、レース中に明らかに危険だと分かっている隙間に割って入ろうとすることなどもあり、『荒い騎乗をする』と騎手間での評判があまり良くありませんでした。ですからレース後に、『育也はいつかこんな事故を引き起こすと思っていた』と語る騎手が多かったですね。

 またこの日の東京競馬場には今年デビューの山田敬士騎手もいたのですが、頻繁に乗り方で注意を受けていることもあり、『お前も改善しないと、自分だけではなく他人に迷惑をかけることになるぞ。気を付けろよ!』と注意されていましたね。でもそれは山田騎手に限ったことではありません。騎乗技術が成長過程にある若手騎手たちは今回の事故を見て、気を引き締めたのではないでしょうか」(競馬記者)

 すっかり若手騎手たちの反面教師となってしまった木幡育騎手。だが、それは騎乗だけではなく私生活にも及ぶ。

JRA木幡育也「石橋脩落馬元凶」関係者から冷たい視線。「禁止薬物」「喫煙泥酔」トラブルメーカーに未来なし?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?