NEW

JRA「日高の星」ゴールドアクター引退......栄光の有馬記念、晩年の低迷。次なる使命は「怪物の血」継承

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「日高の星」ゴールドアクター引退......栄光の有馬記念、晩年の低迷。次なる使命は「怪物の血」継承の画像1

 2015年の有馬記念など重賞4勝を挙げたゴールドアクター(牡7、美浦・中川公成厩舎)が、北海道新冠町・優駿スタリオンステーションで種牡馬入りすることが決まった。初年度種付け料は50万円となる見込みとのことである。

 ゴールドアクターは北勝ファームで生産され、13年11月デビュー。3歳秋に頭角を現し菊花賞3着、その後休養を挟んで4歳時、1000万下、1600万下、アルゼンチン共和国杯と3連勝して挑んだ有馬記念。ゴールドシップのラストランとして注目されたこのレースで、サウンズオブアース、キタサンブラックを退け優勝。同世代のモーリスとともに「父スクリーンヒーロー」の実力を世に知らしめた存在でもある。

 5歳時も日経賞とオールカマーを優勝し、同年有馬記念ではサトノダイヤモンド、キタサンブラックとの歴史的叩き合いを演じ3着。紛れもなく競馬界の中心の1頭として存在感を示した。

 だが、その後は糸が切れたように持ち前の勝負強さは薄れ、6歳時には宝塚記念2着が最高。秋は状態が悪く出走できず、7歳での3戦はすべて2桁着順。先日のオールカマーを最後に引退を決めた。通算成績24戦9勝。

 日高の中小牧場の生まれ、母父キョウワアリシバという絶滅といっていい状況の母系ながら、並み居る良血馬と互角に渡り合ったその実力は間違いなくトップクラスで、ファンの多い馬だった。「もっと早く引退させるべきだった」という声もあるが、陣営としてももうひとつG1を獲得し、種牡馬入りに弾みをつけたかったのかもしれない。

 種付け料は50万円。競走生活晩年の成績を見ればそれも致し方ない部分があるが、それでも、彼の力強い走りを受け継ぐ産駒が生まれることを期待したい。スクリーンヒーローから続くモーリス、ゴールドアクターが、怪物と称されたグラスワンダーの血を次代につなぐのが次の役目となる。

JRA「日高の星」ゴールドアクター引退......栄光の有馬記念、晩年の低迷。次なる使命は「怪物の血」継承のページです。GJは、競馬、ゴールドアクター引退有馬記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!