NEW

浦和サポーターは「クズ」「埼玉の恥」声多数。中学生演奏妨害の酷さと「前科」の数々に辟易

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浦和サポーターは「クズ」「埼玉の恥」声多数。中学生演奏妨害の酷さと「前科」の数々に辟易の画像1

 浦和レッズサポーターの行動が物議を醸している。

 7日の対ベガルタ仙台戦(ユアスタ仙台)の試合前イベント、中学校の吹奏楽部員らによる「復興ライブ」の演奏中「チャント」と呼ばれる応援歌を歌い始め、演奏が聞こえないレベルの状況に。これに涙を見せた中学生もいたとのこと。ベガルタ仙台が浦和のクラブに抗議した、と「河北新報」も伝えている。仙台の担当者は、抗議した理由について「応援する時間帯に制限はないが、子どもたちが一生懸命演奏している時にかぶせるのはいかがなものか」と語っているとも。

 隅っこで演奏するのがおかしい、アウエイ無視ならそうなるなど浦和側の意見もあるようだが、360度くっきり見えるスタジアムの出来事だけに、もう少し配慮できなかったものかと思ってしまう。

「もともと浦和のサポーターの悪評は数知れずですからね、中学生は本当に気の毒ですが、今さら驚くようなことでもないです。過去にも人種・民族差別横断幕を出して無観客試合になったり、選手の乗ったバスを取り囲んで1時間とか、諸々の暴行事件なども頻繁に起こっていますからね。まさに『日本のフーリガン』というか、それに憧れてる連中が多いというか......。

一部ネット上では『こういうクズを肯定するから人気なくなる』、さらには『埼玉の恥でしかない』など、地元民も呆れ果てるレベルということです。周りが見えない人が多いんじゃないでしょうか」(スポーツライター)

浦和サポーターは「クズ」「埼玉の恥」声多数。中学生演奏妨害の酷さと「前科」の数々に辟易のページです。GJは、スポーツ、サポーターベガルタ仙台埼玉浦和レッズの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!