NEW

JRA新人騎手「ゴール間違え」で現役終了の危機!? レース「距離誤認」で大敗……前代未聞の”重大ミス”に馬券購入者から悲鳴

【この記事のキーワード】, ,
JRA新人騎手「ゴール間違え」で現役終了の危機!? レース「距離誤認」で大敗......前代未聞の重大ミスに馬券購入者から悲鳴の画像1

 新人騎手のあり得ないミスに、ファンから悲鳴が上がっている。

 13日に新潟競馬場で行われた6R(3歳上500万下)で、山田敬士騎手はペイシャエリートに騎乗していた。人気は単勝5.4倍の2番人気。今年3月のデビュー以来ここまで7勝と、新人では最多勝ながら厳しいシーズンを送っているルーキーにとっては貴重なチャンスだった。

 12頭立てで行われたレースで、ペイシャエリートは好スタートを切った。

 これまで逃げてレースの主導権を握れたレースは、1勝3着1回の好成績。山田騎手は手綱を激しく動かすと、迷わずハナに立った。幸い、競り掛けてくるライバルはいない。逃げ馬は如何に少ない消耗でハナに立てるかが極めて重要なだけに、おそらく山田騎手にとっても僥倖のスタートだったはずだ。

 レースは特に大きな動きもなく、第4コーナーを回って直線を迎えた。先頭に立っていたペイシャエリートはスパートを開始し、後続をグングン引き離していく。山田騎手も1発、2発、3発と相棒に檄を送り、必死に追い続けた。そのまま2番手の馬に3馬身以上の差をつけてゴール板を通過。新人騎手に、待望の8勝目が転がり込んだ……と思われた。

 しかし、そこからが山田騎手とペイシャエリートにとっての”悪夢”の始まりだった。いや、むしろ夢から覚めて「現実」に引き戻されたと述べた方が適切なのかもしれない。

 ゴール板をトップで通過し、手綱を緩める山田騎手。直線を抜け、コーナーを緩やかに入る、いつものレース後の光景だった。だが、ウイニングランの余韻に浸っていたのは彼らだけだった。後続の馬は、無駄なくぴったりとコーナーを周回している。

 それもそのはず。レースの施行距離は2500mであり、まだ序盤の1000mと少しを通過したばかり……。

JRA新人騎手「ゴール間違え」で現役終了の危機!? レース「距離誤認」で大敗……前代未聞の”重大ミス”に馬券購入者から悲鳴のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  3. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  4. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  5. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  6. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  7. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  8. JRAソーヴァリアントを捨ててもC.ルメールが乗りたい大物!? 神戸新聞杯(G2)「低レベル説」は大間違い、勢力図一変を狙う素質馬がついにヴェールを脱ぐ
  9. 【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは自信の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ち
  10. “反則スレスレ”の強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血