NEW

JRA浜中俊「復活」チャンス到来!? コズミックフォース「人気なし」も陣営は自信アリか

【この記事のキーワード】, ,
JRA浜中俊「復活」チャンス到来!? コズミックフォース「人気なし」も陣営は自信アリかの画像1

 21日に京都競馬場で行われる菊花賞(G1・芝3000m)。3歳牡馬クラシック最後の1冠を巡り、熾烈な争いが繰り広げられる。そのレースで存在感を示したいのが、コズミックフォース(美浦、国枝栄厩舎)だ。

 今春にC.ルメール騎手とコンビを組んだコズミックフォースはプリンシパルS(OP)を快勝。優先出走権を獲得し、日本ダービーに向かった。だがルメール騎手はステルヴィオに騎乗するため、石橋脩騎手にチェンジ。この影響もあったのか、戦前は16番人気と支持を集めることができなかった。

 だが、このコンビはレースでは終始1番人気ダノンプレミアムをきっちりとマーク。最後の直線では内から抜け出そうとしたところを外から併せにいくなど、ダノンプレミアムに本来の走りをさせずに殊勲の3着。三連単285万6300円と高額配当の立役者となった。

 激走したダービー後、コズミックフォースは休養入りし、秋はセントライト記念(G2)から始動。5番人気に支持されたレースでは、中団内につけたものの最後の直線で伸びずに7着と敗戦。石橋騎手はレース後、ロスなく走れたものの「最後は久々のぶんがあったのかも」と休養明けの影響があったと語り、「叩いた次走は良くなると思います」と次走に期待を込めていた。

 だが、今月初旬に石橋脩騎手は落馬して右足関節脱臼骨折。長期にわたる戦線離脱を余儀なくされ、コズミックフォースは浜中俊騎手に乗り替わりとなることが発表された。

「大手競馬ポータルサイト『netkeiba.com』の事前予想で、コズミックフォースは14番手と下位人気にとどまると見られています。これは前走が7着だったことも影響しているのでしょうが、なんといっても好走実績を持つ石橋騎手が騎乗しないことが大きい。石橋騎手の穴を埋めるのは難しいと考えているのでしょう」(競馬誌記者)

JRA浜中俊「復活」チャンス到来!? コズミックフォース「人気なし」も陣営は自信アリかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  6. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?